1745人が亡くなった2010年熱中症の猛威に学ぶ

この記事は2分で読めます

Pocket

熱中症が「死をもたらす病気」と
理解し、納得してきたはずの私が、、、

 

この数字を見て「えっ、こんなに多いの」と
腰を抜かしそうになった。


と、いうのも


『週刊ダイヤモンド・オンライン』の
記事によれば

 

 

【熱中症による死亡者数】

 

1993年以前  年平均 67人

1994年以降  年平均 492人


約7倍。

 

 


また、記録的な熱波が襲来した2010年には


5万4000人もの人が救急搬送され、
1745人(男940人、女805人)人が亡くなった。

 

 

 

ちなみに


※2010年の主な出来事

 

■小惑星探査機「はやぶさ」が地球に帰還
■邦楽 『Beginner』 AKB48
■ベストセラー
『もし高校野球の女子マネージャーが
ドラッカーの『マネジメント』を読んだら』

 

 

 

(これは、大変なことだぞ)と、深く思い

追加でブログを急遽書くことにした。

 

 


今まで、私は

 

・一晩中ガンガン冷房
・昼間も冷房
・冷たい水(レモン水、健康ドリンク)を飲む


を、推奨してきたが、、、

 

 

 

【スポンサードリンク】

 

 


更に、


・足がつるのは熱中症の初期
・夏風邪と勘違いしやすい熱中症
・「暑い日じゃないから」はとっても危険


・女性よりも男性がなりやすい
・65歳以上はホントに要注意
・我慢強い人は危険


・汗をかきにくい体質か?
・なぜかクーラーをかけたがらない
・気温の高さより湿気に注意!


・肥満体型
・糖尿病、高血圧・心疾患等の持病がある

 

 

こんな点も頭に叩き込んでおきたい。

 

 

 

また、ほとんどの熱中症は
てっきり家でなるものと
思っていたところ

 

そうとばかりも言い切れず

 

 

・自宅で熱中症  43.1%
・道路、交通施設 25.4%

 

 


・・・・・・・

 

 


(蒸し蒸しした日は、外に出るな)
(家に閉じこもってクーラーの効いた部屋の中にいろ)

 

 


ということか、、、

 

 

 

 

 

で、もし熱中症にかかってしまったら、、、


「どの判断で救急車を呼べばいいの?」
「基準は、患者が自力で水を飲めるか?」

 

 

重要なことなのでもう一度記すと

 

【患者が自力で水を飲めるか?】です。

 

 

もし、飲めなかったら

すぐに救急車を呼ぶこと。

 

 

猶予はないものと思った方が賢明だ。

 

 

 


追伸
この記事を読んでいて
ぶるっと震えがきた。


これは「大変なこと」だぞって。


地球の温暖化か知らないけれど
この頃の夏の天候はおかしい。


よしみ整体に来ている患者さんも


口々に

「先生、今年の天気は違う」と言っているから


みんな本能レベルで異常感を
察しているのだろう。

体の感性はいつの時も正しいからね。

 

 

自分の健康を過信することなく
体が発する微妙な「シグナル」を
見落とさないようにすることが大事だね。

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^