赤坂の路地の魔力に勝てない

この記事は2分で読めます

Pocket

なぜかわからないが

路地が好きである。

昔、今はもう亡くなって
しまわれたが

 

TVドラマ『北の国から』に
黒板五郎(田中邦衛)の
友人として出演されていた

 

地井武男さんが
散歩する番組があった。

地井さんが、都内の鉄道の駅を
出発してその界隈を歩く。

 

そして、つい、足が止まってしまうお店やら
おもしろそうな(TV受けする)

箇所を紹介する。

そんな番組だったが、、、

その中で、

地井さんはよく、こうつぶやいていた。

 

「路地を見ると、つい、
そっちに行ってしまう」と、、、

 

鈴木もそうで、、、((+_+))

 

 

特に、赤坂あたりの路地、には
滅法弱いのです。(苦笑)

 

赤坂と言われるぐらいだから
このあたりは坂が多い。

 

鈴木の印象から言うと
きらびやかなお店が立ち並んでいる
国道246が尾根を通っている感じ。

 

ちょっと目線を上にすると
周りは高層のビルに囲まれている。

 

六本木ヒルズ
ミッドタウン

 

 

しかし、その246から
ちょっと道を外れると
下町が広がっている。

 

驚くほど一軒家が多い。
表札も妙に古い。

 

住居表示も「赤坂645番地」と
いうようになっていて
赤坂2-4-5のように今風になっていない。

そこは異次元の世界。

それで、鈴木は

 

(バブルの時に地上げされなかったのか?)

(はたまた再開発地域から外れていたのか?)

 

などと夢想するのだ。

 

 

そんな時、夢心地の鈴木を
我に返すためなのかわからないが
決まって猫が出現する

 

こちらを用心深く見ながら
こいつは大丈夫と判断したのか

最後の確認という意味で
「にゃお~」っと、挨拶をしてくる。

 

こちらもこの猫の縄張りに
入っているので、お邪魔してます、と
いう意味をこめて「にゃお~」って答える。

 

すると、それで満足したのか
猫は尻尾を勇壮に持ち上げながら
悠然と立ち去るのだ。

 

 

 

 

追伸
ある本によれば、

動物とのコミュニケーションができれば
人間とのコミュニケーションも上手。

と、いうが、、、

どうも鈴木には、その法則が
当てはまらないらしい。(*_*;

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^