-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

10.16 ビリギャルが慶応現役合格した秘訣は伝え方を変えただけ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

突然だが、、、

あなたは「ビリギャル」
いう言葉を知っていますか?


「鈴木さん、当然、知っていますよ」

 

清純派女優:有村架純が
髪を金髪に染めて

 

その主人公であるビリギャルを

演じましたね。

 

確か、映画化されましたね。
※本は、100万部を超えるベストセラー

 

 

そうですね、、、

 

学年ビリのギャルが
1年で偏差値を40上げて
慶応大学に現役合格した話です。

 

・ビリギャル本人の努力
・お母さんの励まし

 

も、合格の大きな要因になりましたが


やはり、


ビリギャルの特性、性格を見抜き
彼女に合った教え方をした先生

坪田信貴先生の貢献は
とても大きいです。

 

 

坪田信貴先生によれば、教え子が

・うまくならなかったり
・上達しなかったり
・成績が上がらない


のも、


すべて「教え方」が悪い。

 

いや、むしろ

 

「伝え方」が生徒に

合っていないそうです。


つまり、全面的に教師が悪いそうです。


(かなり厳しいですねぇ~)

 

 

だから、坪田信貴先生が
主催している塾の入塾テストでは、
心理テストも行っているとか。

 

そのテストで、生徒一人ひとりの性格を
9つのタイプに分けて把握。

 

彼ら一人ひとりが「やる気」を出す
伝え方を見つけて指導しているそうです。

 

ちなみに、9つのタイプとは


・完璧主義者タイプ
・献身家タイプ
・達成者タイプ

 

・芸術家タイプ
・研究者タイプ
・堅実家タイプ

 

・楽天家タイプ
・統率者タイプ
・調停者タイプ


だ、とか。

 

わかりづらいので
例を出しますね。

 

「算数の勉強、お母さんと一

緒に頑張ろうか?」と言われて

 

「一緒なら頑張れる」タイプと、

「一緒なんてめんどくさい。一人でやるから
ほっといてほしい」タイプ

 


または、


「(あなたは高校生だけど)小学4年生の
算数からやり直すと分かるようになるよ」


と言われて


「それなら、簡単だからやりたい!」タイプと、


「そんな低レベルの教材からやるなんて
ばかにするな。やりたくない」タイプ

 

 

と、いう具合に人それぞれに
みな違うのです。

 

だから、坪田信貴先生は

 

「教師が生徒に教えて効果がなかったら、
その伝え方は、その子には合わないと捉え、
違う伝え方をすればいいのです」


と、相手に合わすことを
強調されています。

 

 

 

 

 

追伸
整体も全くいっしょなのです。

 

相手の状況により施術する
箇所、やり方、圧度、度合い、角度など
すべてが変わるのです。


Aさんの時は、あれぐらいで
よかったのに

Bさんになると、てんでダメということは
よくあることで、、、


このさじ加減を感覚で感じるために
いまだに師匠について、
勉強している次第なのです。(-_-;)

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択