不動産融資、バブル期上回ったのになんかおかしくない?

この記事は2分で読めます

Pocket

先日、こんな新聞記事を目にした。

 

それは、

不動産融資 バブル期上回る

 

日銀によると

201604~6月期融資残高

3兆1,271億円

 

これは、バブル最盛期

1989 4~6月期を、上回るという。

主な融資先としては、

・東京五輪を控えた首都圏の再開発

・不動産投資信託

・節税目的の個人向けアパート融資

 

だそうだ。

 

この年、年号でいうと平成元年。(昭和64年)

 

恐れ多くも昭和天皇が崩御された年。

 

そのころ、鈴木は、というと

昭和62年に大学を卒業した。

 

初めからサラリーマンに

なる気はなかった。

 

でも、それに代わる

華々しい才能はもっとなかった。

 

それで、保険代理店という

個人事業主の道を選んだ。

 

時代が、よかった。(しみじみそう思います(-_-;))

 

世間の事を何も知らないガキが
あれよあれよという間に
大金を稼いでいた。(ホントだよ)

 

そんな時代が、昭和64年。

 

 

他にも、

・今はもう無くなった証券会社に

勤めた同級生は初年度の冬のボーナスで

100万円もらった

 

→そいつは、横浜のシティホテルのバーに
ウィスキーをボトルキープしていた。

 

その値段、35,000円。

よくごちそうになった。

あの節はどうもありがとう。

・終電を乗り過ごすと

深夜のタクシーに乗るまで
最低1~2時間待つのは当たり前だった

 

新宿、渋谷といった都内じゃないよ。

相模鉄道線というローカル電車の

終着駅である海老名駅での話し。

・汚い恰好をした夫婦(60代前半)が
「積み立て保険に入りたいのです」と言って

取っ手の部分が切れかかった紙袋から
無造作に600万円出てきたこともあった

 

→ 絶対に服装(なり)で

判断してはいけません。

 

お姉さんホステスさんに

聞いたことがあるんですが、、、

 

「カバン、時計、靴。

この3つのバランスを見ると

成金か、本当の金持ちかわかるのよ。」

 

「えっ、どういうこと」

 

「成金は、微妙にこの3つの

バランスが乱れているの」だそうだ。

 

 

 

追伸

そんな、時代、、、

あのころと同じぐらいの融資残高か?、、、。

信じられない。

でも、、、

(お金って、ある所にはあるからなぁ~)

そんな経験を実際にしてきた。

 

そんなことを思い出しました。

 

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^