カテゴリー:上肢(腕、手、肘)

  1. (あっ、この患者さんも腕が重い) ※お腹、背中の急所の調整を終えて 最後に、正座になっていただき 首周りを確認する時に腕を診るのです それで、確認のため聞いてみる。 「腕とか指とか、頻繁に 使っ…

  2. 「鈴木さん、そんな話し 聞いたことがありませんよ???」 「でも、真実ですよ」 「私が納得できるように 説明して下さい」 「わかりました。 では、まず、これから 私が言うことをや…

  3. 「先生、実は右手の腱鞘炎がひどくて、、、」 「そうですか。」 と、言いながら、 左右の鎖骨、胸鎖乳突筋、 肩甲骨周りを観察していく。 (顕著に、左右差が出ているなぁ~)  …

  4. 初診の患者さんがお見えになる時 必ずさわって確認する箇所があるのです。 「先生、どこですか?」 「あなたが、初診でお見えになった時にも さわっていますよ。忘れちゃいましたか?」 …

  5. 患者さんは、70代の女性。 鈴木のところには 近所の友人の紹介でお見えになった。 「右の腰が痛い」と言って来たのだが、、、 初めて診た時に気になることがあった。 と、いうのも寒くないのに 右手首に…

  6. 鈴木が、患者さんから 「●●がしびれるんです?」と聞かれたら まず、聞くことが 「風呂に入ってしびれが取れますか?」なのです。 風呂に入って、 つまりそのその箇所を温めて しびれが取れるようなら …

  7. 今日は、宮大工:小川三夫さんの 本の中の一節から 「これは、いい話だ」と 思うのを紹介します。 それは、こんな話 「技術や心構えがある程度までいったら、 本も読み、実際にやってきた…

  8. 操法する部屋に その方が入ってくるのを見ていると 両腕にムヒパッチを貼り付けている。 前回、お見えになった時には そんなことはなかった。 ※そういったことは、 なぜか鈴木は、よく記憶しているのです。  …

  9. 女性の患者さんの体を診ていて 婦人科系と関係する箇所の異常を感じたら 必ず、確認のために手首を診るようにしている。 ※婦人科系と関係する箇所 →腰椎4番、下腹部、仙骨 「手首と婦人科ですか? つながりがあるん…

  10. 今日のタイトルは、師匠である井本邦昭先生に ふと手を置かれた時についての話しです。 もう何年前になるかわからないが、 太ももの裏の大腿二頭筋に 手を置かれたことがある。 硬結を取っているのではなく 圧痛…

RETURN TOP

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^