カテゴリー:勉強方法

  1. <経済の自立がなければ、精神の自立はありえない>   →「お金」のやりくりに日々、 頭を悩ましていると 「何も」考えることができなくなる。     例えば、明日、何を食べれるだろうか?   と、必死になっている時に 「い…

  2. 昨晩、仕事を終え、 バスに乗って帰宅後、風呂に入る。   それから、冷たいビールを 楽しみながら日記を付ける。   この習慣は、もう14年続いている。     日記は、5年日記なので 昨年の今日、2年前の今日、3年前の今…

  3.  鈴木は、「勉強法」について 書かれた本は ついつい読んでしまう。     と、いうのも   「脳」は、100のうち3しか 働いていない、というのが定説だ。     これが、12とか23 働くようになったら どんな…

  4. ブログを毎日コンスタントに 書き続けるために   次のようなことをしている。       ・いろいろな分野の本を読む ・おもしろいサイトを巡回する   ・歩きながら周辺を観察する ・新聞の広告、電車の中吊り広告を 丹…

  5. 中学3年生までは、 ろくに「本」を読んだことはなかった。     本らしきものを読んだなぁ~と、 記憶しているのは、この2冊     『家庭の医学書』 『国鉄の時刻表』     『家庭の医学書』は、 表紙が黄色くて…

  6. 今日は、七田眞さんの   『超右脳記憶法: 記憶が映像となって見える』を   読んでの感想、および意見を書きます。       <九州のある高校生が 最福寺という真言宗のお寺に通って、 真言密教の行に熱心に参加しました…

  7. 前にも書いたことが、 あると思うが、、、     鈴木は、毎晩、仕事を終えてから 風呂に入って、   冷たいビールを飲んで一服して、 5年日記を付ける。     それから、   翌日の、すべきことを 一枚のA4用…

  8. (え~、こんな人もいるんだ、、、)     と、いうのは   『天才とは努力を続けられる人のこと』の 著者である山口真由さん。     現在は、弁護士らしいが、、、   一時は、財務省のキャリア官僚。   ※主税局…

  9. 『武術空手の知と実践』という 宇城憲治さんの本を 何年かごとに繰り返し読んでいる。     ※全著作を通じて、宇城憲治さんと 師匠である座波仁吉さんとの 修行に対しての対話が興味深い。     読むたびに、新しい発見があ…

  10. 鈴木が、音読を開始してから 1年半が経過した。 やり始めのきっかけは、 死ぬまでに1度は、 『聖書(バイブル)』を 読んでみたかったからだ。 世界で一番、売れている本は 『聖書(バイブル)』だし、 キリスト教、ユダヤ…

RETURN TOP

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^