入門したころは、よくお腹を練習していた

この記事は2分で読めます

Pocket

井本整体に入門した頃、
講座で行う練習を通して
薄々感じたことがある。

 

(どうやら、自分は
感覚的に鈍いようだ、、、)と。

 

 

自分が「鈍い」ことを
認めるのは嫌なのだけど、、、

 

講座に参加して
練習するたびに

 

実際問題として

(やっぱり自分は鈍いなぁ~)と、思った。

 

 

一大決心をしてこの世界に
入ったものの、、、

いきなりしぼむ自信。

 

(俺って、整体に向いていないのか?)と

くよくよ悩む毎日だった。(涙)

 

 

今になって、このへんのところを
考えると笑ってしまえるが、、、

その当時は、必死だったのでしょう。

 

 

(一人でうじうじ考えてもはじまらん)

 

 

そこで、ある時、考えを改め、

受けてみて、(うまいなぁ~)という先輩に
そこらへんのところを
聞いてみたことがある。

 

 

「先輩は、初心者のころ
日頃、どんな練習を
していらっしゃいましたか?」

 

「そうだね、

合掌行気を暇があればやっていたね

 

※両手を合わせて「気」を感じる練習
手の感覚を鋭敏にする訓練法

 

 

・寝ながら、お腹の調律点を見つける

※調律点は、指がすぽっと入る箇所」

 

「ありがとうございます」

 

 

その日から、電車に乗ると
すぐに手を合わせた。

そして、目をつぶり感じようとした。

 

また、寝る前に、寝床で、
あおむけになって
お腹の調律点を探る。

息を詰めるようにして、、、

 

でも、はじめはわからない。

 

でも、やり続ける。

※もう、この道しか
「自分を活かす道」は
ないのだという自覚があるから

 

 

すると、3か月もやり続けてると
わかるようになってくるのです。

 

 

いったん、この感覚がわかると
おもしろいもので、、、

 

 

「やって欲しい箇所(=急所)」と、いうのは
こちらが感じるより前に

 

相手の体(=生命)が
「ここをやって欲しい」という
「気配」を送っているのです。

 

その感じは、瞬間で、
こちらがよっぽど「集中」
していないとわからない。

 

 

つまり、

相手の命は、いつでも、
鈴木にサインを送っている。

 

「ここをやって欲しい」と。

その相手の要求と、こちらの手が
1つになった時に、体の中からエネルギーが
湧出してくるのです。

 

 

 

 

追伸
それから、3年ほどして
その感覚を先生に話す機会がありました。

 

 

「先生、この箇所の中に
異常があると感じるのですが、、、」

 

「鈴木君、異常の気配を感じるのか?」

 

「何となくです。この奥に、
異常があるのは感じるのですが、、、」

 

「その感覚は、正しいよ」

 

「でも、それをつかまえることが
できないのです」

 

「それは、力を集めることが
できていないからだ」

 

「・・・・・・」

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^