-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

05.10 珈琲好きに変わった魔法のことば

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鈴木は、以前、珈琲を飲むと
すぐに胃がもたれていた。
 
※その頃は、ミルク、白砂糖を
たっぷりと入れていた
 
 
しかし、珈琲の香りが、
あまりに「トレビヤ~ン」なので、、、
 
心ひそかに、いつかは
 
(ぜひ、飲んでみたいもんだ)と
 
固く決意していた。
 
 
 
それで、珈琲を飲むために
いろいろと工夫をした。
 
そんな工夫をする時間があったら
他のことに工夫すればいいじゃん
 
と、いう意見もあるかと思う。
 
ほんとにその通り。(苦笑)
 
 
 
しかし、鈴木は、なぜか、その頃
珈琲を飲むということに関して執着していた。
 
 
・珈琲を飲む前に、何かを食べたり
 
・インスタントだからダメなんだと思って
豆を買ってコーヒーメーカーで飲んでみたり
 
・珈琲を飲む前に、胃に粘膜を
貼るために牛乳を飲んだり
 
 
しかし、すべての工夫は
「空振り」に終わった。
 
 
(あぁ~、俺は、珈琲とは一生
縁が無いのだなぁ~)と諦めていた。
 
 
その後は、珈琲を飲まずに
紅茶を飲んでいた。
 
※紅茶は紅茶でおいしいのは認める
 
 
 
それから15年ほど経ったある時、
 
井本整体指導者のKさんに
そんな話しを愚痴めいて言ったら、、、
 
 
「鈴木さん、それは、ミルク、白砂糖を
入れているからだよ」と、言われた。
 
※Kさんご自身は、珈琲がとても好きで
毎朝、お気に入りの豆をミルで挽くところから
1日が始まるというほどの通の人。
 
珈琲のプロフェッショナルに見えた。
 
 
 
早速、自宅にあったインスタントの珈琲を
道場に持ち込み、Kさんが言うように
ブラックで飲んでみた。
 
 
(うっ~苦い)
 
 
こんなんで大丈夫か?と思ってはいたが、、、
 
 
 
30分経っても、1時間経っても
いつも来る胃の違和感がない。
 
(あれっ、、、痛くない)
 
 
(そうか、、、
 
今まで珈琲に対してアカンかったのは、
ミルク、白砂糖を入れていたからなのだ)
 
 
この瞬間、珈琲に対する
鈴木の負の潜在意識の呪縛が溶けたのです。。。
 
 
 
その後は、(ブラックなら大丈夫)
勝手に潜在意識にリンク付けされたのであろうか
 
どんな時に、飲んでも大丈夫なのです。
 
 
 
つまり、今日の話しのミソは
 
珈琲が駄目だった前提が、
信頼する人からアドバイスを
受けることによって、、、
 
その前提が、崩れさるのです。
 
 
と、言うことと
 
 
いかに人間が、潜在意識に
行動を左右されているか?
 
 
と、いうことなのです。
 
 
 
 
 
追伸
今では、道場の冷蔵庫に
常時、4つの珈琲豆を保存し
1日に2度、珈琲を堪能しています。
 
もちろん、ミルク、白砂糖なしでね。
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択