非武装地帯を越えてきた兵士のお腹の中

この記事は2分で読めます

Pocket

「20年も外科医をやっているが、
こんなものは医学の教科書でしか
見たことがない」


と、発言したのは


先日、南北の軍事境界線を越えて
韓国に亡命した北朝鮮の男性兵士の主治医。


鈴木は、思うんだけど、、、

手術中に、兵士のお腹の中から、
寄生虫がもぞもぞ這い出てきたら

びっくりするだろうなぁ~と。


想像すると、結構、
ショッキングなお話しですよ。


さて、この事件は、
何とも不思議な事件だ。

背景が、よくわからない。


北朝鮮からすれば
板門店の非武装地帯(DMZ)は
国境を守る防人みたいなところ。

 

当然、国に対して「忠誠度」が
高い軍人が選ばれているはず。


確か、北朝鮮では、
1957年、金日成が朝鮮戦争休戦後に

延安派やソ連派などの対立勢力を
大規模な粛清で消し去り独裁を築いた。

 

この粛清は党幹部や政府高官だけではなく
一般市民にまで及んだ。

 

その結果、家系を三代前まで
遡って調査し忠誠度によって
以下のような3大階層に分けた。


「核心階層」

「動揺階層」

「敵対階層」


エリートは、「核心階層」だね。

「敵対階層」は、すぐに強制収容所へ
連行されるという。

 

 

当然、韓国に亡命した兵士は
「核心階層」の人間であることには
間違いないのだ。

 


北では、「エリート」の彼が
なぜリスクを取って亡命したのか?

 

 

しかし、今日の話しは
それではない。


問題は、タイトルにある通り

兵士のお腹の中には
寄生虫がいた、というお話しなのです。

 



『CNN』2017.11.23 によれば、


医師団は男性の体内から
大量の寄生虫を発見。

 

中には体長27センチの寄生虫も
いたほか、

 

通常は犬に寄生する
種類の寄生虫も見つかった


また、


<この男性がB型肝炎に
かかっていることを明らかにした>

 

 


・衛生面では、かの国はかなり遅れている

 

・農作物の肥料がいまだ人糞
だから、寄生虫が繁殖しやすい環境にある

 

・B型肝炎は、主に未消毒の針や
注射器から感染するので、

北の病院の衛生状態がうかがえる

 

 

と、マイナス面ばかりと
思うでしょ、、、

 


しかし、

 

以前、腸内細菌(=腸内フローラ)の
話しをしたでしょ。

 

北の兵士のお腹の中に
寄生虫がいた、ということは

 

腸内細菌(=腸内フローラ)が
日本や韓国とは違って

潤沢な環境にあるということ。

 


つまり、衛生面と言う点から見れば
「不潔」なのだが、、、

 

「免疫」という点から見れば
北の方が、我々よりよっぽど


・免疫力が強い


・病気にかかりにくい

 

・アレルギー症状になりにくい
(花粉症、喘息、アトピー、食物アレルギーなど)


・セロトニンが多いので
うつ、統合失調症、パニック障害には
なりにくいことがわかるのです。

 

 

そう考えると、、、

どちらが「いい」のか
わからなくなりますね。(苦笑)

 

 


追伸
その後、亡命した男性兵士の寄生虫は
全て除去された、と言う。


「これって、この男性の体にとっては
プラスなのでしょうか?

マイナスなのでしょうか?」

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^