睡眠こそが最良の治療薬

この記事は1分で読めます

Pocket

患者さん「先生は、毎日私たちを

施術していらっしいますが、、、
疲れないのですか?」

 

鈴木「疲れはしますよ。
でも、ちゃんとそのケアは
していますから」

 

患者さん「どんなケアですか?」

 

鈴木「寝る前に、人体力学体操をしています」

 

患者さん「どんな体操をしているのですか?」

 

鈴木「日によって違います。

しかし、整体の施術を
長くやっていると

負担がかかる箇所は
いつも決まっているので
その箇所を緩める体操をしています」


鈴木の場合、


施術後、左の肩が
張ることが多いので


・左の肋骨を緩めるC体操
・食べすぎ体操
胸椎の8番から12番を内に締めます。

 


すると翌朝には
前日痛かった左肩の痛みも
取れているので

この体操が合っているのでは
ないかと思っています。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

追伸
このように体操をした直後に
「痛み」がすぐさま改善されることは
少ないのが実情です。

 

実際は、体操にしろ施術にしろ
その後、深い睡眠を経て

ようやく、「痛み」が
解消されてくるのです。

 

つまり、あなたを深い睡眠に
誘導することで

 

結果、あなたの体の異常が
あなた自身の力で
修繕されていくのです。

 

睡眠こそが最良の治療薬なのです。

 

 

紹介している体操を知りたい方は、下記からどうぞ。

C体操『腰の人体力学』88ページ

<<<井本邦昭先生の著書はコチラ>>>

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^