-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

07.24 日本が原発を廃止してもたいした効果がない理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

通勤時に通学する生徒が少ないなぁ~と
思っていたら、学校はすでに
夏休みに入っていることを知った。
 
 
患者さんに何人か「先生」が
いらっしゃるが、、、
 
大変そうだ。(共感!)
 
 
この夏休みに英気を養って
がんばってほしい。
 
なんだかんだいっても
日本は「教育」が大事だからね。
 
よろしくお願いします。
 
 
 
さて、本題へ、、、
 
 
 
今日は、
「日本が原発を廃止しても
たいした効果がない理由」という話。
 
 
日本が様々な工夫を凝らし、
一生懸命、努力して原発を
廃止したとする。
 
やれやれ、これで安心と
言いたいところだが、
そういうわけにはいかない。
 
 
なぜなら、日本の西側に
位置する国:中国、韓国のことも
考えにおかなくてはならない。
 
 
特に、中国だ、、、
 
 
 
中国から日本列島に向けて
常時、偏西風が吹いていることは
ご存知だと思う。
 
黄砂とか、酸性雨とかPM2・5。
 
特に、九州の玄関口であり
中心地であるある博多は、
 
黄砂の影響で大気が汚れ、
視界も遮られる。
 
(私も実際に体験したことはあるが、
空全体が黄色くなっていた)
 
 
・・・・・・
 
 
それだけ、中国大陸と
日本列島は近いのだ。
 
 
 
仮に、日本が万全の体制をとって
原発を事故なく、廃止しても
お隣り中国が・・・。
 
 
怖いことだ。
 
 
でも、
 
中国には、様々な理由から
原発が必要なのだ。
 
 
 
なぜなら、
 
昭和40年代のころの
日本のことを思い出せば、
 
中国がこれから取るであろう
道のりがわかる。
 
 
 
・大量の電気が必要
 
→都市部の生活水準が
アップしたから
 
→遅れていた内地にも
電気設備が作られる
→人口の絶対数が多い
 
 
・固形燃料(石油、石炭が足りない)
 
公害
→これ以上、石炭を燃やして
大気を汚せない
 
・公害を減らす
→クリーンエネルギーと
呼ばれる原発にスイッチ
 
 
 
かっての日本がそうだったように。
「想定外」のことは
考えないで行くしかない。
 
何もないように、なかば祈りながら。
 
 
原発の問題は、もはや一国のことで
すむ問題では無くなった。
 
 
よくも悪くも、世界は一つなのだ。
 
 
民族同士で戦っている
場合じゃないと
思うんだけど。。。
 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択