眠りの質の悪さからくるひざ痛

この記事は2分で読めます

Pocket

このひざ痛は、運動や旅行

ハイキング、ウォーキングなどで


・ひざを酷使した覚えがない
・ひざをねじった記憶がない
・ひざを頻繁に曲げ伸ばしていない


のに、ひざが痛くなった、


ひざが痛くなる理由が
皆目わからない、、、(不安)


と、いうように


ひざが痛くなった当人が

(なんで痛くなったんだろう)と、思うような


意味不明なひざ痛が出た時には

「眠りの質が悪い」

 

のではと、考えてほしいのです。

 

ひざ痛の人「鈴木さん、眠りの質ですか?
眠りとひざ痛、、、どんな関係があるのですか?

わからないなぁ~。

鈴木さんの話はいつも世間の常識と
真逆なことが多いからな~」(不信)


鈴木「(無言)・・・・・・(ゴホン)

では、お聞きしますが、
ひざが痛くなった3週間前から
思い出してくださいね。

 

この間、お仕事、家庭の事情などで
お忙しくなさっていませんでしたか?
どうでした?」


ひざ痛の人「そういえば、
ひざが痛くなる前、3週間は

 

・接待続きでまともに寝ていないなぁ~
・大事なプロジェクトがあった
・介護で大変だったわ~」


鈴木「眠りの質はいかがでしたか?」

 

ひざ痛の人「悪いよね。午前様でそれからご飯。
それで眠るから、、、そりゃ~良くないね」

 

 

【スポンサードリンク】

 


と、いった具合に


ひざが痛くなる前

眠りの質がとても悪いことが多いのです。

 

なぜなら、

背骨の1つ1つからは、
人体の働きと関係する
神経が出ています。


ひざと睡眠の場合は、

腰の骨のちょうど真ん中の骨
腰椎3番ですが、、、

 

この骨から神経が出ています。
腰椎3番は、眠りとひざの両方と
関係が濃いのです。


つまり、

腰椎3番=眠り=ひざ 


すると、

 

眠りの質悪い→腰椎3番硬くなる

→神経の働き悪くなる→ひざが痛くなる


※本当はもっと複雑ですが
便宜上わかりやすく書いています


だから、何も変わったことをしていないのに
ひざが痛くなった場合は

眠りの質、に注目するわけなのです。

 

 

 

追伸
睡眠の質を良くすることが
とても重要です。

睡眠時間は長さより質が重要。


そのためには、眠る直前

 

・熱い風呂に入らない
・食べすぎない
・人体力学体操をする

 

などが大事です。

 


深く眠ることによって
体がリフレッシュして
ひざの痛みも取れていくことでしょう。

 

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 11.04

    掌心感応

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^