高倉健が感服した渡米前のイチローの準備

この記事は2分で読めます

Pocket

この話は初めて聞く。

聞いた時に思ったのは

「やっぱり一流は違うなぁ。。。」ということ。


『高倉健メモリーズ』という
高倉健好きな人にはたまらない本がある。


鈴木は、俳優:高倉健が大好きなので
この本をすぐに手に取ってみた。

いつかこの本の話をしたいのだが、、、


今日は、高倉健のエピソードの紹介ではなく
本の中で「へぇ~こんな話、初めて聞いた」
いう話を紹介します。

 

高倉健によれば、目的を持って
しっかりと準備をしていた者には
必ず祝福(結果、幸運)が出現する。

 

成功するためのパスポートが
与えられる。

 

 

その例として、つい最近、メジャーで
3,000本安打を達成した

イチローを取り上げている。

 

どんな内容かと言うと、

高倉健が CM(生茶)のロケとして
ハワイに行った時のこと。

 

ハワイでお世話になった

コーディネーターが
こんな話を彼にしたらしい。


その話と言うのは、


イチローが大リーガーとして
渡米する5,6年前のことだそうだ。


彼(イチロー)は、メジャーに行くために
休みを使っては、ハワイへと出かけていたらしい。


そして、現地のコーディネーターに


「いつも英語で話しかけてくれて
なおかつ、野球に詳しい人を案内役として
自分にはつけて欲しい」

 

 

と、要望を出していたんだ。

 

 

つまり、メジャーに行くことを前提に
英会話の勉強をしていたんだね。


それも5、6年前から、、、

 

今では英語、スペイン語はペラペラ。

ただ、ニュアンスの違いで

誤解を受けたくないので

 

インタビューの際には

通訳を付けるらしい。イチローらしい。

 


あれっ、よく考えてみると
5、6年前ってイチローが


『日本球界初の210本安打』で
衝撃的にデビューした翌翌年のことだよ。

 


そんな時期から、もう将来を

見据えていたんだね。

 

これじゃ~成功するに違いない。

これこそ成功不可避の法則だ。

 

 

 

追伸

目的をクリアーに具体的にする。
そして、準備する。


そういえば高倉健とイチローって
雰囲気が似ている。

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^