過敏な人が生きづらい世の中

この記事は2分で読めます

Pocket

あるドクターが言っていた
言葉が忘れられない。

 

それは、

 

「痛がりの人は精神的にも傷つきやすい」

 

これって字面だけ読んでいると
なんとなく理解しずらいですね。

 

今日は、これについて説明しますね、、、

 

 

痛がりの人は、
外部からの刺激に対して

 

例えば、、

 

痛い、くすぐったい、冷たい
熱い、ビリビリする、ひりひりする
重苦しい、暑苦しい、詰まっている感じがする

 

など、感覚が敏感です。

 

ほどほどの敏感さは
病気とはいえず

ただ「感じやすい」体質なのですが、、、

 

ちょっとさわっただけで
息苦しくなる人もいます。

 

また、ひどいケースとしては
開業当初、頭皮がずり落ちる
感じがすると言った
男性の患者さんもいました。

 

(正直、冷や汗が背中を流れ落ちました)

 

ここまでくると「敏感」というより
「神経質」といった方が近いです。

 

まぁ~過敏な体質とも言えますが
あまりに過敏だと生活する上では
不都合なことの方が多いです。

 

 

また、こういった方は、

 

他者からの目線、雰囲気、感じ
言葉の選択、言葉尻など

 

体感同様、当然強く感じるはずなので

 

ストレス社会の現代では
非常に生き難いと思います。

 

 

その結果、
うつ、パニック障害、精神的疲労といった
精神疾患に襲われやすい方とも
言えるでしょう。

 

 

こんな時、西洋医学では「心」から
アプローチするそうですが、、、

 

井本整体では、「心と体は1つである」という
信念から、体を調整していくのです。

 

以前も、パニックの患者さんの
体を調整したら

 

「あぁ~大きく呼吸ができる」とか

言ってましたが、、

 

 

体をゆるめることで結果的に、
うつ、パニック障害、精神的疲労といった
ストレスが軽減されるのです。

 

 

 

追伸
ココまで過敏に反応する人は
基本的に呼吸が浅い人が多いのです。

 

つまり、呼吸器が弱いのです。

 

だから、呼吸器と関係が深い
腰、胸まわり、仙骨の箇所への
施術は必須になります。

 

 

 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^