井本整体に入門したのはいいけれど、、、

この記事は2分で読めます

Pocket

私が、井本整体に入門したのは

平成10年のことだが、、、
 
 
その当時は、春・秋の新しい期が
スタートするたびに
 
 
多くの生徒が入門してきたらしい。
(と、先輩が言っていた)
 
 
 
私が、お世話になった8期でも
記憶では40人くらいの人が
入門していたように思う。
 
 
 
その顔ぶれはというと
 
プロの人が多かった。
 
 
私は、営業マン上がりということで
完全にアウェー、それに人見知りするもので
けっこうつらい思いをしました。(泣)
 
 
 
だから、昼休みは
都内の美術館に行って
絵を見てました。
 
この時ほど、名画を
見たことはなかった。
 
今考えれば”いい経験”でした。
 
この時は、整体で大事なことは
”感じる”ことだと思っていたから
 
そのために本物を見ないと
いけないと、勝手に理由をつけて
逃避してました。
 
 
話しは戻って
 
 
と、いうのもプロの人は
生活をかけて整体を習いに
来てました。
 
名古屋、富山からなどなど
(みんな、どうしてるかな)
 
 
私は、スゲ~なと心底、思っていました。
 
 
だから、授業が終わっても
先輩をつかまえて練習していました。
 
 
 
その頃、
 
 
私は、というと
 
整体でプロになりたいと
強く思っていたわけでもなく
 
からだが弱いわけでもなく
 
今まで整体を受けたことは一度もなく
 
身内に整体にお世話になった人もおらず
 
 
 
正直、初めて入門して
音羽の整体本部に入った時
 
(来るところを間違えたな)
 
と、思ったほどでした。
 
 
 
 
でも、あれから16年がたち
今は横浜で開業して毎日
患者さんを診ているわけで
 
 
 
 
(人生って、なんでもあるなぁ~)
 
 
 
と、思っているわけです。
 
 
 
 
 
そんな整体門外漢の私ですから
 
はじめから整体の素養が
あったわけはないと100%思っているし
 
これを読んでいる人も
きっとそう思うでしょう。
 
 
なんせずぶの素人ですから。(笑い)
 
 
 
 
そんな私が今までどうやって
整体を続けてこれたか
 
なぜ、続けたのか?
 
 
そこんところをしばらく
ブログで書いていきたいと思います。
 

 

 

 

 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

ドボドボと、、、

うつの改善方法は、胸を開き、挙上すること

ふくらはぎをもみなさい の効果と、整体的意味

 

左耳の奥の痛みの大本の原因は肩甲骨です

肘痛 の治療には肘湯がいい。

さびつき肩甲骨 解消法は上胸部三角点をゆるめること

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^