蒸気機関車の煙を嫌がって駅前が寂れた

この記事は1分で読めます

Pocket

たまに、地方へ旅すると、
旅行者の玄関口である

JRの駅とその町の繁華街とが
かなり離れていることに気づく。

例えば、すぐに思いつくのが
この2つの都市。

 

・熊本
・松山

 

熊本は、九州に限っていえば
福岡、鹿児島に次ぐ大都市。

 

松山に至っては
四国随一の大都市なのに、、、

 

なぜか、この2つの都市のJRの駅は、
繁華街からかなり離れている。

1.5キロぐらい(徒歩15~20分)なら
歩くのが苦にならない鈴木でさえも

 

駅前から繁華街に移動する時

「歩こうか、それとも市電に乗ろうか、、、」と、

考えるぐらい.距離が離れているのです。

 

なぜ、離れているのかというと
明治時代に話はさかのぼります。

鉄道が地方に誘致された時のことです。

 

当時の鉄道は電車でもあなく
クリーンディーゼルでもなく蒸気機関車ですね。

 

蒸気機関車は電車、クリーンディーゼルと違って
モクモクと黒い煙を盛大に吐き出します。

 

そうです。。。

 

この煙を繁華街の人々が嫌がったのです。

 

その結果、駅は繁華街から離れた所に
出来たのですね、、、。

 

 

整体も目先の目標といった
テクニック、コツ、技術の獲得に
乗り出すことも大事なのですが、、、

※もちろん重要なことですよ

 

母親が具合の悪い我が子にふれる時の
あの手、あのまなざし、言葉がけ

そのすべてが整体をやる者にとって
不可欠なものです。

 

最も大事なことは

「相手の命にふれる」気構えがあるかどうか?

 

この一点に尽きます。

 

さて、今日も

「手」に気持ちをこめて操法します。

 

 

 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^