超一流になるための10の鉄則

この記事は2分で読めます

Pocket

またもや

才能は持って生まれたものか?
はたして努力なのか?に関しての
興味深い新著が出ました。

その題名は

『超一流になるのは才能か努力か?』です。

(いいですねぇ~、タイトルが、、、)
(タイトル買いです。)

 

どっちも大事だというのが
昨今の基本的な考え方なのですが、、、

バスケットの神様と呼ばれ、
一時代築いたマイケル・ジョーダンは、

「誰もが才能を持っている。
でも能力を得るには努力が必要だ」

と、言っているし

明石家さんま

 

「努力は報われると思う人はダメですね。
努力を努力だと思っている人は大体間違い」

てなことを言っています。

(ん~ん、どっちが正しいのですかね、、、)

 

 

はたして、この本はこの難題に
スパッと答えてくれるのか?

まずは、翻訳前のタイトルを確認します。

現題(英語)は PEAK

意味は、

山頂、峰、山、尖端、絶頂、最高点ですね。

(まぁ~その道の超一流てとこですかね)

 

 

また、著者である

アンダース・エリクソン教授は、

「超一流」研究の第一人者。

 

最高点に達している人が

好きなのですね、きっと。

(いろいろな研究対象がありますね。

びっくりなのはこの先生3

0年も研究しているそうですよ)

 

 

読んでみると、

 

鉄則1:自分の能力を少しだけ

超える負荷をかけつづける

 

→ 昨日より、ほんのわずかでも

目標を上に引き上げること。

マンネリになった時その人の成長は終わる

 

鉄則2:「これで十分」の範囲にとどまっていると、

一度身につけたスキルは落ちていく

 

→ 日夜、進歩を目指さないと腕は落ちる

 

鉄則3:グループではなく、

一人で没頭する時間を確保する

 

→ 自分で考えながらやるということ。

気づくということ。

 

鉄則4:自分の弱点を特定し、

それを克服するための課題を
徹底的に繰り返す

 

→ これは、師匠がいないと

無理なのではないか!

 

鉄則5:練習を「楽しい」と感じていては、
   トッププレーヤーにはなれない

 

→ コンフォートゾーンを

乗り越えろということだろう
ぬるま湯の中にいては上達はありえない

 

鉄則6:これ以上集中できないと思った時点で

練習や勉強はうちきる

 

→ なぁ~なぁ~練習はやるだけ無駄

 

 

 

鉄則7:上達が頭打ちになったときは、

取り組むメニューを少しだけ変えてみる

 

→ アングルを変えるということか

 

鉄則8:即座にフィードバックを得ることで、 

学習の速度は劇的に上がる

 

→ 整体なら臨床に出ながら

練習することが可能です

 

鉄則9:オンの時間とオフの時間を

はっきり分け、一日のスケジュールを組む

 

→ 一番、集中できる時間を選んで行う

 

鉄則10:どんな能力も

生まれつきの才能ではなく、
学習の質と量で決まる

 

→ その通りだと思う。

 

 

 

追伸
この本を読んで鈴木が進んでいる道は
間違っていないことが確信できた。

 

 

例えば、

・即座に注意を与えてくれる

師匠、先輩がいる

・現在、横浜は西谷で開業。 

すぐに習ったことを

フィードバックできる場所がある

・週に2回、東京千駄ヶ谷にある
 井本整体本部で練習。すでに19年経過。

・自分より上手な人がいる

・日々、練習の課題がパワーアップしていく
・復習も何度でもできる

・年に3回の地方セミナーでも勉強中

 

これらの環境がこの本の上達する鉄則に
かなり当てはまっているから。

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^