-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

02.14 気配を感じて操法を終了する

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

予約された患者さんが
道場のドアを開けて入ってくる。
 
 
その音を聞いていると、
 
(今日で、いったん操法を
終えたいんだなぁ~)
 
 
と、いうのが、
なんとなくわかる。
 
 
 
その要求に応じて
 
操法終了後、後頭部を締めながら
 
「●●さん、今日で、
操法をいったん終わりにします」
 
 
すると、一瞬の間があいて、、、
 
 
「先生、平気ですか?」
 
「平気だと思います。
 
●●さんは、ここに来た理由が
腰痛だったからねぇ~。
 
まぁ~それが取れたから、、、
今日で、いったんやめにしましょう」
 
と、言うと、
 
 
「実は、私も、今日でいったん
操法を終えたいと思ってここに来ました」
 
 
(やっぱり、そうだったか、、、)
 
 
「そうですか、、、
 
今後は、リハビリ目的として
 
1月に1回とか?
2月に1回とか?
 
定期的に診せてもらうか?
 
 
また、調子が悪くなったら来るか?
 
どう、しましょうか?」
 
 
 
と、次回以降の予約は
患者さんに選択してもらっています。
 
 
 
この話しを、井本整体の後輩にすると
 
決まって言われるのが
 
 
「鈴木先生、なんで、そんなことが
わかるのですか?」
 
と、聞かれるのですが、、、
 
 
・足音が低い、リズミカルじゃない
・ドアを開ける時に力強さを感じる
・いつもと違う感じがする
 
 
など、後付けの理由は
いくらでも思いつくのですが、、、
 
 
はっきりとした理由はわからない。
 
 
何となく感じるのです
 
 
(●●さんは、今日で操法を
いったんお休みしたいんだな)と。
 
 
これが、「気」かもしれないし
そうではないのかもしれない。
 
 
 
でも、わからない。
 
 
 
 
追伸
師匠である井本先生は
いつもこう言うのです。
 
 
「患者さんの要求がわからないとね」
 
 
これって、いろいろな意味が
言葉の奥に隠されています。
 
 
 
整体指導者は、
体を診る技術者ですが、、、
 
「心」を診る技術者でもあるのです。
 
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択