女性の腱鞘炎は、男とちがって改善するには時間がかかる

この記事は2分で読めます

Pocket

「先生、実は右手の腱鞘炎がひどくて、、、」

 

「そうですか。」

 

と、言いながら、

左右の鎖骨、胸鎖乳突筋、
肩甲骨周りを観察していく。

 

(顕著に、左右差が出ているなぁ~)

 

 

「ずいぶん、右側に負担が
かかっていらっしゃるようですが、、、
お仕事で、右手をよく使われるのですか?」

 

「はいっ、そうなんです。(※PC関係のお仕事)」

 

「毎日、どれぐらい、やっているんですか?」

 

「出社してから、ずっとです」

 

「大変なお仕事ですね」

 

 

 

ここから井本整体の基本ですが、、、

この方は、女性。

 

女性は、男性と違って、
長い間、ひとつの仕事をしていても

筋肉の性質上、「無理がきく」
ようになっているのです。

 

※なぜ、無理がきくのかは
次回以降にお話ししますね。

 

そのために、長い時間やれる。

 

だからといって、毎日、毎日、
限界を超えるまで酷使していると
いつしか限界を迎える。

 

そして、その時になって
ようやく「痛み」となって出てくるのです。

 

と、いうことは

女性が「痛み」を言い出した時は
かなり進んでいる、ということです。

 

反対に男が「痛い、痛い」と
ほざいているうちは、
たいていたいしたことがない
ということになるのです。(苦笑)

 

ここ大事ですよ。(奥さま必見)

 

 

 

だから、この場合は
女性の腱鞘炎だから

かなりひどい(=時間がかかる)

と、診るのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

更に、女性の指、手首、上腕は
いずれも婦人科と関連がとても深いのです。

 

特に、手首は「妊娠」と関係が深い。

 

その証拠に、手首を壊しやすい
テニス、バドミントンの名選手が
結婚しても妊娠しにくいのは
その関連性からなのです。

 

 

それで、右手首を観察します。

 

親指側が下がっていれば、胸の硬直が原因。
小指側が下がっていれば、肩甲骨の動きが悪い。

 

この方の場合、親指側の下がりなので
胸の硬直が原因。

 

こうやって、操法する箇所を絞りこみ
親指側が下がっているのはなぜか?

その原因を、付きつめていくわけです。

 

 

 

 

追伸
腱鞘炎といっても、原因がそれぞれ
微妙に違うのです。

だから、原因をしっかりと把握して
その箇所に絞った操法をすべきですね。

 

その方が、遠回りに見えても

かえって近道なのです。

 

 

 

 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^