-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

10.03 JALの機内で男性が速攻で靴を脱いだ真の理由

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

16:03 福岡セミナーを終えて、
そそくさと関係者各位と挨拶を終える。

 

会場のホテルから
最寄りの中洲川端駅へと移動する。

 

福岡空港まで、13分ほど。

 

鈴木が乗る飛行機は
JALの17:25なので
余裕があるのだが、

 

福岡空港改築工事の影響を考え
早め、早めの行動をとる。

 

予定通り、16:40到着。

 

すぐさま、おみやげの辛子明太子を購入。

今回の旅を計画する時から
「そうしよう」と、決めているので迷わない。

 

ここで、誤算。

 

やはり、工事のためか
以前と違ってお土産屋さんが少ないためか、、、

レジで会計を済ませるまで3分ほど費やす。

 

買い物を終え、検査カウンターを見てみると
ぎょうさん人が並んでいる。

 

これを見て、

4階の送迎デッキで飛行機の離着陸の様子を
見ようと思っていたがやめる。

 

※ここ福岡空港は海外の飛行機を
間近で見ることができるのです。

 

(楽しみにしていたのに、、、)(残念)

 

 

搭乗時間が来て、JALに乗り込む。
機材は737-800。

 

主翼の先が
90度に折れ曲がっているのが特徴。

 

(737か、、、)

 

大型の飛行機(777)と違って
搭乗者が少ないためか
機内にいても圧迫感がないのがいい。

 

機内に入ると、1Bのシートに座っている
白髪交じりの60代後半の男性が靴を脱いでいた。

 

(あぁ~足が燃えるんだなぁ~)

 

 

歳を取ると、腰が下がります。

 

すると、人体力学的に、
上体を支えるために
シートに浅く腰をかけるようになります。

それの方が楽だからです。

 

本来なら、シートに対して
直角に座るのが腰にとっては楽なのに、、、

 

腰がくたびれてくると
その姿勢を取ることができなくなるのです。

 

すると、そのくたびれた腰の替わりに
腎臓がある箇所が(胸椎10、11)
腰の替わりをして支えることになるのです。

 

始末の悪いことに、腎臓は背中側に
くっついているので、、、

そのへんの筋肉が硬直してくると
腎臓への血流が滞るようになるのです。

 

そして、腎臓と関係が深い足から
汗とか不老物が出始めるのです。

 

その結果、足が燃えるように
感じるようになり

結果、靴を脱ぐのです。

 

 

※部分浴なら足湯
最高の予防法であり治療法です。

 

人体力学体操なら、腎臓と関係が深い
太ももの裏の筋肉である
大腿二頭筋を伸ばす「こうもり様体操」がいい。

 

 

 

 

追伸
このおじさんの姿を見ながら
気がついたのですが、、、

 

そういえば、

鈴木も、以前
新幹線、飛行機に乗るたびに
靴を脱いでいたことを思い出しました。

 

知らないうちに、体が変化して
それも、いい方に
改善しているようです。

 

このように、人は、体が良くなると
忘れるようになっている生き物なのです。

 

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択