具合が悪い方は、10月も冷房を使ってください!

この記事は2分で読めます

Pocket

お体を診て著しい左右差がある時は

鈴木は、きまってこう尋ねるのです。

※鎖骨、肩甲骨、腰骨、頭蓋骨の左右差

 

「夜間、冷房を付けて休まれていますか?」と、、、

 

すると、きまってこう言われるのです。

 

(なに、この人、言ってんの)という顔で、、、


「先生、もう10月ですよ。

夏じゃないんです。


夜間は、もう冷房を使っていません。

寒いし、、、」

 

とか、言いながら、

 

本人は熱中症のような症状を出して
「気分が乗らない」「だるい」と言っているのです。

 

それを見て鈴木は、

 

(井本整体の常識は、まだまだみんなの非常識なんだな、、、)と。

 

ところで、左右差がある時は、

井本整体ではまず「熱中症」を疑います。

 

体に著しい左右差があると、中心(=背骨)で

バランスがとりづらくなるために

背骨が強ばってきます。

 

可動性を失うわけですね。

 

また、背骨の際を神経が通っています。

 

その結果、その影響を受けて

神経の伝達も鈍くなってくるのです。

 

そのため、下界からの刺激に対して

脳が末端である四肢や内臓に

命令を出しても

 

レスポンスが悪くなるため

体がシャキッとしないのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

今年は、例年のように

徐々に涼しくならずに、

急激に涼しくなったため


体がその気候の変動に

付いていけないのです。


特に、呼吸器(肺、腰)が弱い方がそうなのです。

 

だから、自分で自覚がある方は

だまされたと思って、夜間、毛布をかぶって

冷房を付けて体を冷やしてください。

 

すると、体が楽になるのです。

一度でも実感していただくと

納得していただけるのですが、、、

 

まぁ~常識とは違うから

なかなか難しいです。

 

(やれば楽になるのになぁ~)

 

人がいかに間違った常識に

縛られているかがわかります。

 

声を大にして言いますが

 

もう日本は、昭和の御代の温暖な国ではないのですよ。

 

台湾、シンガポールのような亜熱帯の国であるという

認識が重要ですね。

 

ココ大事ですよ。

 

 

 

追伸

もう一度言いますね。

 

入院患者が温度、湿度が安定していて変動が少ない
病院にいると調子がいいように、、、

 

いきなり夜間の冷房を止めずに、しばらく冷房を続けて
みることが重要なのです。

 

つまり、環境を激変させず、

徐々に慣らしていく感じです。

 

 

要点→ 調子の悪い方は夜間の冷房を続けてみる

 

 

 

 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^