『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』 歴史、にゃん子好きなら楽しめる映画

この記事は2分で読めます

Pocket

先日、『空海 KU-KAI 美しき王妃の謎』を観た。
 
 
この作品をいち早く観た人によれば
 
「、、、、、」だったらしい。
 
 
しかし、鈴木は、結構「気に入った」
 
 
・スケールの大きさ
・黒猫が出てくる(ニャン好きのため)
・楊貴妃役のチャン・ロンロン の妖艶さ
 
※胡人の血が少し入っているのか
目元が生粋のアジア人とは違う
 
 
 
舞台は、中国が栄華を極めた
大唐時代の首都:長安だ。
 
現在は、西安市になっている。
 
 
当時は、シルクロードが
貿易の中心だったためなのか
 
今の首都、北京と比べると
かなり西方寄りで南寄りである。
 
 
 
さて、いつも通りに
予告篇を貼っておくので
 
まずは見て大まかなストーリーを
頭に入れて下さいね。
 
 
 
 
 
 
続いて
 
 
【スタッフ】
 
監督:チェン・カイコー 
 
※93年の「さらば我が愛/覇王別姫」は
中国語映画として初めてカンヌ国際映画祭
パルム・ドール大賞を受賞
 
原作:夢枕獏
 
※日本の作家ですね
 
 
 
【キャスト】
 
空海 :染谷将太
白楽天:ホアン・シュアン 
 
安倍仲麻呂:阿部寛 
楊貴妃:チャン・ロンロン 
 
玄宗皇帝:チャン・ルーイー
 
 
 
・初めの方はストーリーがわかりにくい。
 
キーワードになる「黒猫」の正体が
特にわかりにくい。
 
後半になって玄宗、楊貴妃が出てくると
すっきり理解できる仕組みになっている。
 
 
 
・「黒猫」は、実写とCGの
組み合わせだと思うが
 
表情が、細やかで、愛らしい。
 
にゃん子好きにはこたえられだろう。
 
 
 
・映画に出演している日本人は
本編では中国語を話しているが
 
鈴木が観た映画は、日本語に
「吹き替え」だったので
ストレスがかからなくて楽しめた。
 
 
しかし、英語圏の映画では、
字幕の方が好きだ。
 
俳優さんの声が楽しめるからね。
 
 
 
・出てくるエキストラの数は
数えきれないほどだ。
 
しかし、そのために現実感が
増しているのも事実。
 
 
 
・ラストのところで
 
空海が、恵果和尚から
密教の衣鉢を継いだ
真の理由が明かされる。
 
 
史実とは違うとは思うが、、、
まぁ~なくはない、思ってしまう。
 
 
これが映画の「おもしろさ」
 
細部を幾重にも積み重ねていくと
真実ぽく見えるからね。
 
 
 
恵果和尚→真言八祖の第七祖
 
たくさんの弟子を差し置いて
遣唐使の一員として来中した
 
無名の沙門である空海に
密教の神髄を伝授した。
 
 
その真実の理由は
多々あるが定説はない。
 
 
 
 
 
 
追伸
歴史、にゃん子好きなら楽しめる映画だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^