鼻水、くしゃみが出る本当の理由

この記事は1分で読めます

Pocket

今朝は、風が冷たく、乾いていた。

自分の道場までの所用時間:23分間。


鼻水、くしゃみが頻発した。

 

鼻水は、右の鼻からとめどなく垂れる

くしゃみは、腰まで響くような
派手なものが中から出てくる。

 

あなた「鈴木さん、風邪ですか?
うつさないで下さいよ」

と、患者さんに言われそうだが、、、

 

(心配はいらない。理由は後でわかる)


58分後。


あれほどひどかった
鼻水もくしゃみも

体が温まってくるうちに治まった。

 

 

はたして、これはどういう意味を
示すのだろうか?

 

鈴木の体は、

・まだ、今朝の冷たく乾いた風に

対応できていない

 

・だから、冷たく、乾いた風(空気)を吸うと
肺が過敏に反応する


そのため、

 

・鼻は、鼻水を出すことによって、
外気を湿らせ温めている。
それの方が、肺にとって負担が
かからないからであある。

 

・また、くしゃみは強ばっている
肺と腰をゆるめるために
出るべくして出ている。

 

(ありがたいことですなぁ~)

 


ちなみに、呼吸器の拡張と腰とは
大いに関係が深い。


(なぜか?)


鈴木のブログを毎日読むと
わかるようになります(自慢)

 

 

と、いうわけで


体は、自分のDNAを後世に残すために
「生存」することを第一優先としている。


したがって、

 

体がやることは常に正しいのです。

 

 

 

 
 
 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2017 06.10

    新札の魔力

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^