-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

06.18 相手を緊張させないのが極意

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

 

開業まもない頃は
とにかく指が痛かった。

特に、右の親指。

患者さんを1人診ただけなのに
腫れるほど「痛い」のだ。


その頃は、理由がわからなくて
いろいろ考えたもんだが、、、


あれから16年経った今となってみると、
その理由がよくわかる。

 

つまり、結論から言うと

「構える位置」が悪かったのです。(涙)

 

「構える位置」の、重要性は
井本整体入門の頃から

井本先生、担当講師のH先生からも
何度も何度も言われていたのですが、、、


頭では理解していても
実際にやってみると難しいのです。


※技術って、そんなものだと思うが、、、


だから、後輩から技術のことで聞かれると、
まずは「構える位置」を変えてみては、
とアドバイスする。

この段階で、細かいところを言われても
言われる方は、迷うばかりと思うからだ。

※鈴木もそうだったからね。

 


まぁ~要するに、

 

「構える位置」が相手にとって
緊張しないか?どうかが重要なのです。


例えば、初めてお会いする方に
近づきすぎれば「?」と思われ緊張する。

それが、女性であれば、なおのこと。


「鈴木さん、そんなこと常識でしょ?」

「その通り、、、常識なんだが、、、
経験が少ないと、そこらへんの塩梅が難しいのです」


と、ここまで書いてきて

ん~ん、、、困りました。


次に、どう書くのがベターなのかが
わからなくなってきましたよ。(苦笑)

母と子どもは、その距離感が小さい。
父親と子どもの距離感は、それよりも大きい。


つまり、「信頼関係」の深さの違い。


恋愛関係にある男女にしても
ご本人の意識はともかくとして

周りから見ていると
その進行ぶりがわかるように、、、

仲良くなれば近づくし
縁遠くなれば、距離も離れる。

まぁ~そんなもんでしょうね。


そう考えると、後輩の質問に対して
ただ単に「構える位置」を

もっと遠くに、とか、もっと近くに
修正した方が「いい」とも言えなくなるのです。


人間関係が、もっと詳しく言うと
そこには「気=相性」の問題が出てくるのです。

 


追伸
しかしですね、、、

その微妙な距離感を保っているペアでは
施術側の指の形もきれい、形もきれいなのです。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択