第1大臼歯の噛み合わせ力が長命を決定するらしい

この記事は2分で読めます

Pocket

今日は、この記事について話をします。

それは、『かむ力が強いほど長生き?』

2016 年 8 月 9 日

『The Wall Street Journal』参照

中身をちょっと記すと、

・男性の70歳時のかむ力は、
その男性がその後どのくらい長生き
できるかの指標になる可能性がある

70歳時の歯力で

その後の寿命は決まるらしい。

 

「ホント?外人じゃなくって、、、」

いやいや、これって日本人を
対象にした研究らしい。

・1927年(昭和2年)に生まれた559人を対象
・1998年、70歳時の時に研究開始
・歯科検診、健康診断も実施

また、アンケートも

・食事時間、頻度、好み
・かむ力の測定
・喫煙の有無

 

など、

その結果が、

 

・噛む力が弱い男性は強い男性より
早くに亡くなる

 

(噛む力が、長生きできるか

どうかのキーワードなのだね)

 

 

しかし、

・歯がある無し(自前の歯があるかどうか?)

は関係がない

 

→総入れ歯でも長生きしないとは限らない

・歯周病がある無しは関係がない

→歯がぐらぐらでも長生きしないとは限らない

と、いうこと。

 

 

つまり、純粋に、

噛み切る力の強弱ということ。

 

 

 

「噛む力ですか?」

 

「と、いっても、前歯の噛む力ではないのです」

「どこの噛む力ですか?」

 

左右の第1大臼歯(きゅうし)の

噛み合わせる力です」

「第1大臼歯?」

 

「奥歯ですが、一番奥から3つ手前にあります。
一番大きな歯です」

「(さわりながら)ここですか?」

 

「はい。この箇所は整体的には、
腰とおなかと最も関係が深い所なんです。」

「え、そんなところが、、、」

 

「また、ここがしっかりしていると

長生きするんですよ」

「・・・・・・」

 

「こんな話を聞いたことがあると思います。
呼吸が浅いねずみと呼吸が深い鶴では
どちらが長きしますか?」

「鶴ですよね」

 

「そうです。呼吸が深いと長生きするのです。

 

まとめると、、、

 

 

奥歯の噛み合わせ力が強い

腰とおなか強い、弾力がある

呼吸がゆっくり深くなる

長生きする

 

 

 

なのです。

 

 

 

 

追伸
この研究成果はあくまで男性のもの。
女性は、この法則が収まらないという。

 

(ん~ん、男性と女性は

明かかに違う生き物らしい。)

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^