娘が痛いと言った時、勘のいいママがしたこと

この記事は2分で読めます

Pocket

「ママ、このへんが痛い、、、」

 

と、3歳か4歳かそれぐらいの

おかっぱが似合う愛らしい女の子が


自分の左耳をさわりながら
機内で突然騒ぎだした。


時刻は、10/2(日)18:53。

※福岡セミナーからの帰りの飛行機の中

 

場所は、福岡空港を18:00に離陸した後
順調に飛行をして、

羽田空港へ着陸するためにそろそろと、
高度を下げ始めた伊豆大島上空でのこと。

 


鈴木の左窓からは
伊豆大島がくっきりと見えた。


(あぁ~、幼児によくあるやつだな)


器官が十分に育成されていないので
気圧の変化に対応できないのです。

特に、降下中に起こりやすい。

 

 

と、思った鈴木は、その母娘が
その後、どうするかと思いながらずっと見ていた。


と、いうのも

ボーイング767-300の33Aに座っていた
鈴木から、その母娘が座る30Cは
斜め右前に位置していたから。


その声を聞きつけたのか、、、


その便のCAはその子に
JAL特製のおもちゃを
すばやく手渡した。

※遠目ながら興味あるおもちゃだった。


おもちゃをもらったその女の子は
1、2分うれしそうにしていたが

また、「痛い」と言い出した。


(さて、どうするのかな?)と
目ざとく見ていた鈴木。

 


【スポンサードリンク】

 


この子のママがわが子に取った行動に
びっくりすることになった。


さぁ~、何をしたと思いますか?

 

これが、福岡セミナーで井本先生から
教わった技術そのものだったのだ。


(こんな勘のいい女性を奥さんにもらった
ご主人さんとその娘さんの
今後の幸せにかすかな嫉妬を覚えた)


※ご主人さんは、のんびりと本を読んでいたが、、、

 

まぁ~そういうもんでしょうね(苦笑)

 

 

さて、この勘のいい女性が
したことは、、、

 


このママさんは、むずがるわが娘を
自分に向かって抱きよせ

 

自分の左手で腰を支え
右手でその子の後頭部を
大きく包み込み始めたのだ。

 

それから28秒後、、、

 

その女の子は静かになり
着陸まで気持ちよさそうに
ママに抱かれていた。

 

 

 

 

追伸
急激な過敏な反応に対しては
このママのように腰を支え
背骨をまっすぐにし

後頭部を包み込んで
気を通すことが肝要なのです。

 

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^