3分の1ルール

この記事は2分で読めます

Pocket

このブログを読み続けている読者は
きっとブログタイトルの

 

「3分の1ルール?って、何だろう?」と
思っている方ばかりだろう。


鈴木も、この種本のタイトルの
3分の1ルールに引っかかって
クリックしたしまったわけで、、、


きっと、

あなたも、

鈴木が想像するに
私と同じ性質を持った方に
違いないだろう。


ちなみに、鈴木は


・近くで火事があるとついつい
 見に行ってしまう
・人が集まっているところへ
 ふらふらと行ってしまう
・本屋の新刊コーナーが好き


で、新しい物が好きなちょっと軽薄な人間なのです。

お調子者とも言いますが、、、

 

 

「鈴木さん、私はそんなじゃありませんよ。
いっしょにしないでください。迷惑です」

 

「それは、すいませんでした」

 

「そんなことはともかく、3分の1ルール
早く教えてください」

 

「(鈴木とおんなじじゃないか)鈴木の心の声

わかりました。では、早速、、、」

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

【3分の1ルール】はですね、


まつ毛の理想の長さは目の幅のおよそ1/3である


と、いうことなのです。


「えっ、、、そんなこと」

 

「はい」

 

 


まつ毛の理想の長さが
目の幅のおよそ1/3であると、

 

 

まつ毛の役割である

 

・目を保護する
・水分を保持する
・色目を使う(冗談)

 

を、最も効率的にその役割を
果たすらしいのだ。

 

長すぎても、短すぎても
良くないのだ。


そして、


さらに、適切なまつ毛であるならば

 

・水分蒸発量を最大で50%カット
→乾かないので、目が疲れない

 

・空中に浮遊する細かい粉塵を吸着
→細菌、病原菌をカット
→目の病気を防ぐ


なんです。

 

 

 

要するに、


目の幅のおよそ1/3のまつ毛は
目を病気から守ってくれているのです


「ん~ん、人間の体に
意味のないことはないのですね。」


そう、これが言いたかったのです。(^◇^)

 

 

参照:『National Geographic』20150226

 

 

 

 

追伸
パソコンの長時間の使用で
目がほとんど1年中、疲れていることが多い現代人。

 

その疲れを一番たくさん取るには
涙を流すことなのですが、、、

 

涙なんて枯れちまった、と叫ぶ
生活に疲れた人もいるかと思います。”(-“”-)”


そんな時には「蒸しタオル」で
目を温めることをおススメします。

 

 

温めることによって涙も
出ますし、血行も良くなって
短時間で疲労が抜けます。

 

お試しあれ!

 

 

 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^