幼稚園児にはむち打ちにはなりません

この記事は2分で読めます

Pocket

あなた「?」

鈴木「そうでしょうね。わかります」

 

あなた「鈴木さん、むち打ちだろ、、
後ろからふいに車でぶつけられたら
首のところがガクッとなるだろう。

 

その反動で、首の調子が
あんばい悪くなるのは、
当たり前だと思うが。

 

違うか、、、

 

幼稚園児だって、大人だって
誰だって、、、
そうなるに決まっているじゃないか」

 

 

鈴木「確かに、おっしゃるとおり。
理屈ではその通りなのですが


人間には、深いところに心があって
潜在意識とも言いますが、、、

 

その潜在意識が、幼稚園児と大人では
ちょっと違うのです」

 

あなた「何がどう違うか、よくわからないなぁ~」

 

鈴木「例えば、大人は乗車中に
後ろから車が突っ込んできたら

無意識にこう思うはずです。

 

「やられた」
「この野郎、どこ見て運転してるんだ」(怒り)


その2、3秒後


→追突

→ムチ打ち

→病院

 

→首にハーネス巻く?

→加害者に保険請求

→保険金もらえる

 

→あぶく銭が入る

→●●買おうかな、、、

→今の仕事よりいいかも、、、


と、悪逆非道のことをフッと
考えてしまうものなのです。

「オレはそんなこ考えないぞ!」って

思っても、考えてしまうものなのですよ。


(いけない、いけない、、
こんなことを考えては)

 

と、強く打ち消そうとするほど

こんなふしだらなことを
考えてしまうのです。

 

いつの時も「空想」に
勝利することはできないのです。

 

 

【スポンサードリンク】

 


でも、幼稚園児はそう考えない。

 

→親に病院に行こうと言われる

→病院?

→怖い

 

→友だちと遊べない

→「ボク、大丈夫」


と、なり「むち打ち」を
その瞬間に打ち消すため

むち打ちにはならないのです。

 

 


追伸
「知らぬが仏」はある意味正しいのです。

知らなければ余計な知識がないので
振り回されることはないのです。


特に、視聴率アップ、
スポンサーを喜ばすために

1つしかない生命を
おもしろおかしく取り上げた番組を
視ることはおススメできません。

 

 

 
 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^