青春のなぎさホテル

この記事は2分で読めます

Pocket

伊集院静さん(66歳)が

紫綬褒章を受賞した。

 

伊集院さんといえば
自伝的な小説『海峡』3部作を
始めとする豊饒な小説でも有名だが、、、

伊集院静さんといえば

鈴木は、亡き:夏目雅子さんとの
熱く、雄々しいまでの恋愛談を
やはり、外すことができない。

そして、

この2人の恋愛時代
定宿していたホテルが

神奈川県の逗子海岸にあったのを
知る人は少ないように思う。

そのホテルの名を

『なぎさホテル』といった。

※今、現在、このホテルはない。
様式美が全くないファミリーレストランが
建っている。

 

京急線、逗子海岸駅で降りて
閑静な住宅地を海岸の方へと向かう。

逗子開成高校の先にあった。

実は、鈴木は、そのホテルで
アルバイトをしたことがあるのだ。

 

【スポンサードリンク】

以前から、鈴木のブログを
読んでいる人は

 

読者「鈴木さん、いっぱいバイトしているけど、、、
そんなにあちこち変わっているの?」と、

 

(暗に、鈴木のこらえ症の無さを
思う方もいるようだが、、、)

違います。

それはね、

アルバイトとはいっても

鈴木の場合は、普通のバイトではなく
派遣型のバイト。

 

今風でいうと「派遣社員」だったのです。

派遣元に登録。
そこから紹介してもらうバイトだったので

 

今日は、中華街、明日は、
みなとみらいのホテル

明後日は氷川丸といったことが
可能だったのです。

 

しかし、この経験が後になって
役立つことになるのですが、、、

その話はいずれしたいと思います。

その『なぎさホテル』は、

木造で2階建てか3階建てだったように思う。

2階にあったメインダイニングからは
箱根に沈んでゆく夕日が真っ正面に見えた。

すばらしいロケーションだった

だから、派遣元から

「鈴木君、●日は、『なぎさホテル』ねっ、、、」

と、聞くとその日が
待ち遠しかったのを鮮明に覚えている。

 

追伸
でも、振り返ってみると
あれから32年が経過しているのだ。

 

いろいろありましたね、、、。

伊集院静さんの紫綬褒章の受賞のニュースから
若き日のことを思い出しました。

 

 

追伸2
『なぎさホテル』でググったところ
あの頃の画像が出てきました。(感激)

(そう、こんな形をしていた)

 

いやぁ~いい時代になったもんですね!

 

 

 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. 2016 11.15

    速度が命

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^