寝不足の人の背骨

この記事は1分で読めます

Pocket

今日の午前中にお見えに

なった患者さんの背骨を
さわった瞬間のこと。

 

鈴木「あっ、これは昨晩
寝てない人の背骨だ、、、

 

あなた「鈴木さん、

そんなことわかるんですか?」

 

鈴木「寝不足の人の背骨を
1人でもさわる機会が
あればわかります」

 

あなた「えっ、ホントですか?」

 

鈴木「それぐらい特徴が出ているんです」

 


(ホントに、わかりやすいです)( `ー´)ノ

 

 

あなた「鈴木さん、どんな様子なんですか?」

 

鈴木「そうですねぇ~。ごつごつした感じ。
骨と骨の間が無くて詰まっている感じ」

 

(なんていえばいいのかな、、、)

 

竹の節をさわっているような

竹ぼうきの、あのごつごつ感かな、、、


そんな背骨をしている時は
間違いなく寝ていない人の背骨なのです。

 

 

 

追伸
しかし、自分の意志で徹夜した時

 

例えば、読書やゲームで
「夜ふかし」をした時などは

どういうわけだか背骨のごつごつ感が
ちょっとゆるやかです。


つまり、

 

人にやらされる強制的な寝不足とは

意味が違う

 

ということですね。

 

人間は、健康の状態に必ず「こころ」が
含まれるということですね。

 

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^