『寝ること』ぐらい頭で考えず本能に身を任せて寝る

この記事は2分で読めます

Pocket

こんな記事を読んだ。
出所はまとめサイトで

有名な『グノシー』

 

 

 

「左向き」で寝ることが

健康的な8つの理由

アーユルヴェーダの専門医

John Douillard博士によると、

健康上最も利点の多い寝方は、

左向きであると結論づけています。

 

つまり、他のどのスタイルよりも

デメリットが少なく、

健康を維持し長寿を

得ることも可能なんだそう。

 

 

『グノシー』2016/01/17 (一部抜粋) 

 

 

 

として、

 

 

 

体の左側を下にして寝るといいらしい。

そして、以下に8つの理由を上げている。

01. 胸焼け消化不良を 引き起こさない
02. 「いびき」常習者も 左向きで改善!?、

 

03. 消化吸収を助ける
04. 心臓に負担がかからない

 

05. 免疫力UP! 脾(ひ)臓の状態を整える
06. リンパの流れを改善

 

07. 血液の循環を良くする
08. 妊娠時はとくに 胎児への血液循環

 

 

 

今日は、これらについて井本整体的に
どう考えるかを書いてみたいと思う。

詳細については以下参照。

→ 参照サイト

 

読んでみると「なるほど」と

思うことがたくさんあった。

 

 

 

2、3例を上げてみると

 

 

 

左向きに寝る際、重力によって

消化器官では、食べたものの移動が

スムーズになる。

 

具体的には小腸から大腸へと

排泄物が移動しやすくなるんだとか。

 

 

 

(ん~ん、なるほど)

確かに一理あるが、

よく考えてみると

 

大腸の形状を見るとわかるが
大腸は盲腸から肝臓に向かっては
重量に反して上向きになっている。

 

それでも大腸は重力に

逆らうかのように排泄物を押し出す。

 

(??????)

 

 

 

妊婦さんだったら、

こう聞いたことがあるはずです。

 

妊娠時は左向きに寝ることで

血液の循環が改善し、
胎児の健康へも大きく影響がある。

 

 

 

 

初めて聞いた。
そういうのもあるかな、とは思うが、、、

おなかが大きく張り出してきたら
仰向けでしか寝れなくなると思うんだけどな、、、

 

 

 

人間の体を流れるリンパの

主要な部分は左側にあり、

そちらを下にすることで、

毒素や老廃物をろ過する働きがある。

 

 

 

リンパは脇の下、首もと、股間の付け根の
両側にあるから、、、一概には

言えないのではないかと疑問に思う。

 

と、まぁ~疑問点を出してきたが
(文句をつけたわけでは

ないので誤解しないでね)

 

 

井本整体的には

 

『自分が楽なように寝ればいい。

そして、朝、目覚めた時に

仰向けになっていたら健康』

 

 

体は、体のことを

一番よく知っている。

 

その「本能」に身を任せるのが

一番理に適っている。

 

 

例えば、

 

・食べ過ぎればうつ伏せで寝る
・頭が疲れた人は額に手を置いて寝る

 

・ストレスで胸が硬直している人は万歳して寝る
・腰が痛い時は、膝を曲げて寝る

 

などなど。

 

また、肋骨が硬い側を下にして寝ると
自分の体重が肋骨にかかる。

 

その結果、肋骨がひしゃげたようになって
呼吸がしやすくなるのでそう寝るだろうし、、、

 

つまり、

『寝ること』ぐらい頭で考えず
本能に身を任せて寝るのが楽だということ。

 

ですね。

 

 

 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^