熱中症になったら、冷房と冷たい水で体を冷やせ

この記事は2分で読めます

Pocket

今日の昼、14時23分ごろ、

バスに乗りこんた。

 

横浜駅で用事と食事を済ませ
帰りは、道場がある西谷の梅の木まで
バスで帰ろうと思ったからだった。

 

バスの停留所は、横浜駅なので

当然始発である。

 

発車時刻の2分ほど前に

やってくることが多い。

 

バスが到着して三々五々

お客さんを車内に入れ始めても

クーラーは付いていなかった。

 

 

車内に入り込むと、

(うっ、、、熱い)

 

 

環境保全のために排気ガスを

出さない方針なのか

ただ単に燃料費の節約のためか

よくわからないが、

これは危ないなと思った。

 

 

今日の昼みたいに、これはキテいるなという
天候だったらそんなことは無視して
冷房を付けなくてはいけない。

 

 

 

案の定、発車するまでの

わずか2分ぐらいで
熱中症みたくなった。

汗が出ずに逆流するというのか
熱くてモア~っとしているのに

「寒気」が湧いてきたのだ。

 

この「寒気」という

キーワードはとても重要だ。

 

完全に熱中症の一歩手前である。

 

人間を生かせている

自律神経の誤作動が起きている。

 

 

(早く冷房を付けてくれ)と、心から願い

 

リュックから冷たい水

取り出しごくっと飲んだ。

 

その30秒後に冷房を

運転手さんが付けてくれたので、

早速冷風を後頭部に当てる。

 

そして、10秒後、

その「寒気」は体から遠ざかった。

 

 

(ふぅ~)

 

こんな具合にして熱中症は起こるから、、、
油断は禁物です。

 

 

だから、「あれっ」って思ったら

 

 

・冷房の効いている部屋にすぐに入る
・冷たい水を飲む

 

 

この2つが重要です。

 

 

とにかく、体を内から外から

冷やすことが先決です。

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^