寝つきをよくするには後頭部を締める

この記事は2分で読めます

Pocket

私は、寝つきでで悩んだことはない。

 
布団に入るとすぐに眠くなるので
その辛さはよくわからない。
 
 
ただ、地方に研修に行って
その土地のホテルに泊まるときは
 
寝つきが悪くなるから
 
(寝られないというのは
キツいもんだ)と、思う。
 
 
そこで、試しに、
 
「寝つき_悪い」と、ググってみた。
 
 
おもしろい記事があった。
 
『都会で暮らす人のための、
寝つきが悪い時の不眠症対策』
 
 
として、不眠症対策が書かれていた。
 
 
 
●夜中、コンビニに行くときは
サングラスをしていく
 
⇒ コンビニの照明は
明るいからという理由だが、
その前に”不審者”と思われそうだが
 
 
●インターネットしない、
ゲームしない
 
 
●コンビニのない田舎に行く
 
 
 
●朝は強い光を浴びる
 
⇒ 安眠ホルモンと呼ばれる
メラトニンとの関係らしい
 
 
体温が下がると眠気が起きる
 
⇒ 体温が上がることは☓
 
寝る直前の熱い風呂、
唐辛子の香辛料が
多く入ったものの食事
 
エアロビクスなどの
激しい運動はダメらしい。
 
 
●カフェイン、アルコールはバツ
 
 
●部屋の環境
 
⇒ 布団の温度は32~34度がいいらしい
 
安眠サプリを使ってみる
 
⇒ グリシンというアミノ酸がいいらしい
 
でも、よく考えてみると
子どもたちは、そんな努力なしで寝ている。
 
乳幼児~園児にいたっては
首がろくろ首のように後ろに
垂れ下がりながら熟睡している。
 
 
 
しかし、世の中には寝れなくて
困っている人もいる。
 
 
 
昔、65歳過ぎの女性が
「眠れない」と言って
通っていた。
 
 
施術しながら話しを
聞いてみると
 
(これじゃ~寝れないのも
ムリはない、と思った)
 
 
・昼寝を必ずする
(そうしたほうがイイと
本に書いてあったそうだ)
 
・運動らしきものが嫌いで、
からだを動かさない
 
・寝しなに風呂に入る習慣があった
 
 
だから、
 
・眠くないのに寝るな、
・からだを動かせ、
・寝しなに風呂にはいるな
 
と言ったが、言うことを聞かない。
 
 
 
しかし、私がその方のおなかを
調整していると知らないうちに寝ている。
 
 
私は、すぐにその方の肩を叩き
 
 
私:  「今、寝てましたよ」
 
その方:「イヤ、寝てないですよ」
 
私:  「いや、寝てた」
 
その方:「寝てない」
 
 
と、問答が繰り返されるが
頑として寝ていたことを認めない。
 
 
 
(はぁ~この方は寝ているのに
寝た気がしないんだ)と思い、
 
後頭部を見てみた。
異常があった。
 
※後頭部は「眠りの急所」
 
 
(これじゃ~寝た気がしないはずだ)
 
と、思い直し、後頭部を締めた。
ことがあった。
 
 
 
 
 
ところで、整体的に眠れない原因は
 
寝ようとしても、
偏り疲労が自力では抜けないため


であるが
 
 
その偏り疲労が自力では
抜けないことと
 
後頭部の締りが
ないこととは関係が深い。
 
 
 
施術するなら、緊張が緩まない
ところを探しだして
集中的に緩めていく。
 
そして最後に後頭部を締めていく。
 
 
 
また、体操なら”脊柱をゆるめる体操”がよい。
『人体力学』108ページ
 
※骨のそばを通っている
神経叢をゆるめると緊張がとれるため
 
 
 
 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

松坂大輔の今後の気になる成績

イチローがケガをしないわけ

遠藤保仁のニュース:試合前と試合後の顔

 

 

ゴルフをやって突然死するタイプ

ネイマールが骨折した腰椎3番の意味

膝の裏が痛いのは、アスリートとしての寿命が迫っている証拠

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^