腕の力こぶがしっかりしている人は体力がある?!

この記事は2分で読めます

Pocket

初診の患者さんがお見えになる時
必ずさわって確認する箇所があるのです。

 

「先生、どこですか?」

 

「あなたが、初診でお見えになった時にも
さわっていますよ。忘れちゃいましたか?」

 

「・・・・・・」

 

「それは、二の腕なのです」

 

「二の腕、、、?」

 

 

二の腕といえば腕を曲げた時に
力こぶができる箇所です。

 

ポパイがパイプを吹かしながら
自慢げに腕を曲げてオリーブに
誇示するところですね。

 

今でいえば、シュワちゃん。

 

まぁ~確かに「健康度」を暗に
イメージさせる箇所ですね。

 

そこを、さっとさわって
弾力、太さ、上がり下がりを確認します。

 

弾力があるのは 「○」

ふっくら太いのは「○」

力こぶが上にあればあるほど「○」

 

なのです。

※肺と関係します。

 

ただ、

 

初診の患者さんが女性であれば
必ずこう言われます。

 

「先生、恥ずかしいわ、、、
太いでしょ、私の。」

 

「●●さん、ここが太いのは体力がある証拠。
あなたにあやかりたいぐらいですよ」

 

「体力がある、ですか、、、?
(太いのに)」

 

「・・・・・・」

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

この箇所に力があると

鈴木がちょっと施術するだけで
患者さんの体は「いい方」に
自然に短時間で変化するのです。

 

だから、その変化を
「自分の腕も上がったなぁ~」と
思い込むのは実に怖い事なのです。

 

相手の体に治る材料が
もともとあったのです。

 

相手が勝手に治ったのに、、、

 

それを、

 

「自分の腕がいいから治った」
「自分は、ゴッドハンドだ」

 

とか、言う

勘違い君がたまにいますが、、、

 

恥ずべきことなのです。

 

 

 

追伸
人の体は治せない。
勝手に治るのです。

 

それが真実なのです。

 

 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^