感覚がいい、とコメントした錦織圭の体のキレキレ度

この記事は2分で読めます

Pocket

錦織圭が、今までカモ扱いにされてきた
アンディ・マリーに2勝目を上げた。

通算では、2勝7敗。

この栄えある勝利で、
全米オープンセミファイナルに
準優勝した2014年以来の進出が決定した。

 

気になる準決勝の対戦相手とは、

第3シードのスタン・バブリンカ(スイス)と
リオ五輪銀メダルのフアンマルティン・デルポトロ(アルゼンチン)の勝者。

 

この2人は、錦織圭にとってわりあい
与しやすい相手。

 

2度目の決勝進出も夢ではない。

 

 

「いやぁ~良かったですね。

始まったばかりの第1セットでは
どうなるものかと思っていましたが、、、

ウィンブルドン選手権、リオデジャネイロ五輪を制し、
好調なまま全米に乗り込んできたマリーの

好調なサービスに全く手が出ませんでしたからね。

錦織圭も、

「出だしは凡ミスがあり、あまり良くなかった。」

それでも、諦めないで淡々と
自分のプレーをしたのが良かったのか

 

ニューヨークの空も錦織圭に味方した。

途中、雨が降りはじめ、中断したのだ。

 

また、

しぶとくマリーのファーストサーブに
プレッシャーをかけて、いらいらさせたのも

勝利を手に入れた原因の
1つかもしれない。

 

その中で、鈴木が気になったのは
錦織圭のこんなセリフ。

それは、試合後に行われた
インタビューの中でのこと。

「第4と第5セットは感覚がよく、
自分から打って行けた。」

こんなコメントは珍しいのだが、、、

よほど、体の状態がいいのだろう。

そうでなければ、「感覚がよく」といった
コメントは出てこない。

 

集中が極限までなされているのだろう。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

追伸
整体で、集中している状態とは、

腰の真ん中の骨(腰椎3番)が
へそ側に引っ込んで、なおかつ
骨の可動性がいい時を指す。

この箇所は、体を捻じる箇所。

体を捻じるのが仕事といっていい
テニスプレイヤーにとって
この骨は最も大事な骨。

この骨がいい時にあると
呼吸が深くなる。

 

すると、頭は冴えわたり、
勘が働いてくるのだ。

 

 

そういえば、

前日のビッグサーバー相手の試合でも

「どれだけリターンを返せるか、

集中力を上げなければいけなかったが、

(相手のサーブを)読むことができた。作戦勝ち」

と、言っているから、、、

 

よほど体調管理がうまくいっているのだと思う。

 

これは、、、

もしかしたら、があるかもしれない。(フフフ)

 

 

 

 

 

【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^