肌のくすみの改善にはのどを刺激する

この記事は2分で読めます

Pocket

このブログを書くようになって

文章の書き方のノウハウ本を
いろいろ読んでみた。
 
その中で一番印象に残ったのは
 
「読者が欲しい情報」を書くことが
一番大事である
 
 
ここで筆者が言う
読者とは、あなたが好きな人。
 
ビジネスのブログを書いていれば
「理想のお客さま」に向かって
 
「理想のお客さま」が、欲しい情報を
提供することが最も大事な点です。と。
 
 
 
なるほど・・・
 
 
 
(『相手(=読者)に合わす』
ことが大事なんだ)
 
 
(あれっ、これってどこかで
聞いたことがあるぞ)
 
(そうだ、整体で師匠に
いつも言われていることだ)
 
 
※師匠は、常々
相手に合わせることが大事」
おっしゃっている。
 
 
 
これは、整体でも
とても重要視している観点で
 
 
 
患者さんが、何をして欲しいのか?
患者さんは、どこを調整して欲しいのか?
患者さんが、何を不安に思っているのか?
 
などなど。
 
 
 
つまり、
 
相手の要求を読むということで・・・
 
 
 
そういうわけで、
今日のブログは、
私の「理想のお客さま」の
要求を読み(^_^;)
 
 
 
更年期を過ぎた女性の肌のくすみ、
シミについて書こうと思う。
 
 
 
今朝、テレビを見ていたところ
あるコマーシャルが放映されていた。
 
 
それは、
 
 
”肌は排泄器官であります”
だから、肌から排泄する
ような美容をしよう
 
という趣旨のものだった。
 
 
 
今までの美容といえば、
 
・肌に塗りたくるもの一辺倒
・高価なものほど保湿がよい
 
・ヨーグルトのような
濃密オールインワンジェル
・コラーゲンを配合した化粧品
 
 
など、とにかく外部から
補充するものだった
 
 
 
整体では、かなり昔から
肌は塗るところじゃない
 
皮膚呼吸するところ
排泄するところ
 
と、認識してきた。
 
 
だから、ある意味
このコマーシャルは
 
私どもの考えに
マッチしたもので賛成である。
 
 
 
肌のくすみ、シミというと
 
 
 
整体では、
 
・のど(甲状腺)
・腎臓
 
 
 
が主として考えられる。
 
のどと腎臓は関係が深く
腎臓の働き(濾過)が悪いと
 
のどはすべすべしておらず
皮膚はきれいでない
 
甲状腺の働きが弱い人は
皮膚がくすんでいる
 
 
 
 
要するに、
 
のど(甲状腺)・腎臓・皮膚は
 
関連性があるということ。
 
 
 
 
 
今日は、特にのど(甲状腺)について
改善する方法をお伝えします。
 
 
のどをさすっても効果はあるが
やはり、整体体操が
最も効果が大きいように思う。
 
 
体操は、
 
上胸部三角点の体操がよい。
(人体美学104ページ)
 
形はこの通りなのだが
 
からだを後ろに引くときに
のど(甲状腺)が引っ張られるように
やるとよい。
 
 
 
追伸:

整体をいっしょに勉強している人

(女性、年齢不詳45歳過ぎは
確実だが、実年齢は???)が
 
この体操を熱心にやっていた。
 
あくまでここだけの話なのだが
この女性、肌は
そんなでもないと思うのだが
 
 
本人は、あくまでも
「私の肌はくすんでいる」との
認識にあるらしい。
 
 
この頃、この体操を
やっているのを見かけないから、
どうやら、肌のくすみはとれたのだろう
 
と、私は考えている。

(確かに、肌が少し透き通ったように見える)

(もともときれいだった
ような気もしているが)
実際のところは、不明である)
 
 
 

 

 

この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!

 

足首のねんざを治すならリミット3日

足首がねんざする本当の理由は●●が開くため

高齢者の熱中症対策には、沖縄の人(うちなんちゅー)の生活を真似すると良い

 

花粉症の症状には肋骨をゆるめ肘を温める

常に不安感をやわらげる呼吸法

花粉症の時期には、肘を温めることを習慣にしましょう!

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^