-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

10.12 スタンディング速音読と深息法とお坊さん

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

鈴木が、20年という長い間
通って勉強している

「井本整体」の呼吸法に

「深息法」(=しんそくほう)と
いうメソッドがある。


「深息法」は、初心者の段階では
仰向けになって行う。


軽く目をつぶり、
両手を尻の下に置き

「ヒップアップ」するように
腰を持ち上げる。

そうすることで、

へそから下の箇所が
意識しやすいからだ。


そこから大きく息を吸う。


そして、ゆっくりと
吸った息をすべて吐きだす。


それを、2、3度、
繰り返して後、、、

へそから下の箇所を
天井方向に突き出す。


そして、その状態を
維持したまま

みぞおちのあたりで
「浅い」呼吸をする。


すると、へその下の箇所が
だんだん熱くなってくるのがわかる。


やり方に習熟すると、、、


へその下の箇所と関係が深い
腰も自然に暖かくなってくる。


敏感な人は、手足が
同時に熱くなってくることが
わかるだろう。

 

そこでだ、、、


ここからは、鈴木の仮説だから
興味の無い方は読まない方がいい。


スタンディング速音読を行うと、、、

この「深息法」のような効果と
同等の効果が得られることに気付いた。


※ちなみに、スタンディング速音読とは
鈴木の「造語」です。

つまり、立って、ある本を
超スピードで音読していく方法


この方法に習熟していくと
ひと呼吸で音読できる文章が
次第に長くなっていく。


はじめは、5行だったのだが


1年もすれば8行に、、、

2年もすれば10行に、、、

自然になっていくのです。

 

一息でできるだけ
長い文章を音読していくので、、、

次第に、息が苦しくなってくる。

 

苦しいもんだから、、、

横隔膜に自然に力が入り、
その結果下丹田に意識が
集まっているのです。


すると、リンパの流れが
良くなるためか、、、

すぐに「手足」が
暖かくなってくるのです。

 

どこで聞いたか、
もう忘れてしまったが、、、

体の中のリンパを流すために
一番いい方法は、、、


「運動」でもなく
「体操」でもなく

「深呼吸」だそうです


また、ヨガの形も
「いろいろ」あるが、、、

そんなことよりも「重要」なのは
呼吸の方だそうです。

 

 

追伸
そういえば、、、

スタンディング速音読を
やり始めてからほぼ2年経つが

このところ、「体調」がいいのは
そのためかな、と思った次第。(^_-)-☆

 

「疑い深いあなたのために
1つ証拠を上げておきましょう」


日本人で「長生き」する
仕事と言えば「お坊さん」ですよね。


彼らは、毎朝、毎夕「お勤め」と称して
「お経」を読みますよね。

あれって、速音読そのものですからね。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択