病気を気にするから具合が悪くなる

この記事は2分で読めます

Pocket

今年の酷い熱中症の影響で、

「夏のつけ」として次のような症状が
出ている方が多いです。


めまい、寝違え、歯ぎしり、
口の中を噛んでしまう
おしっこ近い、夜中のおしっこ、

 

ひざがはれる、足がほてる、
かかと痛い、足の親指の裏が痛い


耳の関係、つま先が段差に引っかかる、
肩こり、あご回り、扁桃腺


これらの症状の原因は
すべて体の左右差によるものです。


体が元気で整体であれば、
この時期、風邪を引くことによって、
自然にこの体の左右差を取ろうとします。

 


しかし、日頃から体の要求を
無視して自分の頭の都合で
生活している方は、
風邪を引くことができません。


「鈴木さん、体の要求を無視して
自分の頭の都合で生活しているって、
どういうことですか?」

 

 

・お腹がすいていないのに
時間が来たからご飯を食べる

 

・食欲が無いのでおかゆを作って
無理やり胃に流し込む

 

・テレビに騙されて、食べたくないのに
きな粉、バナナ、納豆、りんご、などを
無理して食べる

 

 

・調子が悪いのに朝早く起きて歩く

 

・風邪を引きそうだと言って
予防と称して薬を飲む

 

・腰が痛いのに、1日10,000歩、
歩かなくてはじき車いすに
なるとの恐怖から無理して歩く    


などなどです。


「じゃ~鈴木さん、好き勝手に生きたら、
いいのですか?」

 

と、脅かしてくる人もいますので、、、

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

 

ここで、一つ健康に関する
有名な話をしますね。


この話から、いろいろと
考えてみて欲しいのです

20世紀の終わりにフィンランド
大規模な健康テストが行われました。


40歳代の中堅の社会人を1,200人選んで、


600人→「健康注意組」
600人→「やりたい放題組」

 

に分けました。

 

 

そして、健康注意組は普段から健康に
注意してもらうとともに、

 

血圧が上がったら降圧剤をもらい、
体の脂肪が増えたら脂質を
コントロールする薬を飲んで
完璧を期したのです。

 

 

反対にやりたい放題組は.
タバコを吸いたければタバコ、
お酒が好きならお酒、


睡眠時間? 

そんなの関係ないいった具合です.

もちろん、健康診断などせず、
自由奔放に生きて貰ったのです.

 

 

 

それから15年後、、、


その結果は、まったく
予想外のものでした。((+_+))

 

 

全体の死亡数は、やりがい放題組の方が
ずっと少なく、健康注意組は実に1.5倍。

 

特に心臓疾患は「健康組」が2倍、
怪我などでは実に10倍という


結果が出たのです。

 

 


つまり、人間が病気になるのは
「病気を気にするから」で、

 

病気を忘れると普通の体力の人は
病原菌も発がん物質の攻撃も
退治してしまうのです。


その意味では「楽しく生きる」というのが
実に大切であることがわかります。

 

 

 


追伸
「そうか、やりたい放題」でいいのか、


といって暴飲暴食、
朝夜逆転のドラキュラな生活などしては、

 

健康の維持に対してマイナスであることは

言うまでもありませんが、、、

 

 

 
 
 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^