-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

01.05 患者さんのお財布と子宮という袋の因果関係

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

操法を終えて、カウンターで

操法料をいただく。

そして、必要であれば
次回の予約を確認するのが
一連の流れである。


その際、どうしても患者さんの
お持ちの財布を目にすることになる。

 

患者さんが男性であれば
通常、腰のポケットから財布を
抜き出してお会計となるのだが、、、

 

女性の患者さんは
少しばかり様子が違う。

女性の患者さんの多くの場合、


男性の患者さんとは違って、

必ずといっていいほど
お財布を腰から出さずに

お手持ちのカバンから
お財布を出してお会計をする。


驚くことに、

そのカバンから出てくるお財布が
どういうわけか、全てブランド物なのである。


ブランドに全く興味がない
鈴木でさえも

ロゴと名前を知っているお財布たち。

 

プラダ、ミュウミュウ、ヴィトン、
グッチ、なんとかスペードなど。

 

財布は「お金の家」だから

お金が居心地がいいように
財布だけはいいものを持つように、と

資産家のほぼ100%が言うが、、、

 

鈴木は、ちょっと考えが違う。


女性は「おふくろ」と呼ばれるように

実際、子宮という
生命を生み出す袋でできている。


その名残なのか、生命に並んで
大事なお金も袋である
お財布に入れるのかもしれない。


あなた「鈴木さん、そんないわれは無いです。
荒唐無稽ですよ。」

などと、野暮なことは
お正月から言わないでね、、、


だって、どう見ても
高価そうなお財布を持っているのは
女性が多いからね。

男性は少ないし。


なぜ、そうなのかは分析できないでしょ。


よっぽど、鈴木の文化人類学的な
無意識のなせる業という見方の方が

合理的だと思うけどね、、、

 

 

 

 

 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択