-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

12.06 過活動膀胱には、内もものこわばりをゆるめる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

急に我慢できないほどの尿意をもよおし、

漏らしてしまったり

 

夜中に12回以上トイレにいったりと

おしっこのトラブルが多いらしい

(40歳以上で810万人)

 

 

12/3朝日新聞の朝刊でも取り上げられていた
これらのトラブルを『過活動膀胱』というそうだ。

 

 

男女差はなく、

・男性:前立腺肥大によって

尿道が圧迫され、膀胱に負担

 

・女性:加齢・出産で、膀胱や尿道を

支える筋肉が伸び、弱くなること

 

で、「なる」と書いてある。

 

これらを

整体的に診ると

 

 

・内もものこわばり(主に、左もも)

・腰の骨の一番下(腰椎5)の動きのなさ

・緊張すると、おしっこが出そうになること
(試験の前のおしっこなど)から神経とも関係が深い

 

内ももがこわばると、

・座位の時に脚が開かない
・歩行時に歩幅が狭い

 

 

腰の骨が動きにくくなると、

・知らないうちに「かかと」に重心が入る
・肩が前に巻いてくる、いわゆる「前屈」のようになる

 

 

わたしも、疲れてくると「かかと」に重心が入る
そして、かかとが痛くなってくるのですぐにわかる

そんな時は、おしっこも近いようだ。

 

 

対処としては、

・腰の付け根のところを温めてみる
・内ももをはじく
・相撲の四股の形でつま先を

外へめいっぱい開く

 

などがいい。

 

 

でも、それでは一時しのぎにすぎない。

 

根本的に「良くしたい」という方が
いらっしゃればぜひ『ご相談』ください。

 

 

 

 
 
この記事を読んだ人はこんな記事も読んでいます!
 

A・ジョーンズ選手(楽天)がマー君に言ったこと

田中将大 8勝 防御率2.06 月間MVPの理由

手首のダラリ感こそがダルビッシュだ

 

イチロー の全力疾走

田中将大投手は、股関節が柔らかいから大リーグに行っても活躍する

膝の裏が痛いのは、アスリートとしての寿命が迫っている証拠

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。
  1. No trackbacks yet.


  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択