キューピー人形の一言

この記事は2分で読めます

Pocket

今日の話しは、「たった一言」で
気分が変わる、という話し。

 

 

その日、鈴木は、調子が悪かった。

 

朝、起きてから、しばらくたっても
どうも「気分」が乗らないのです。

 

通常は、起床から1時間ぐらいは
誰でも、調子が上がらないものですが、、、

 

その理由は、

 

※寝ている時に支配している
副交感神経から

 

起きている時に支配している
交感神経への伝達に

1時間ほどかかるからなのです。

 

 

そういうことを知識としては
知っているので、、、

(1時間はダメじゃろ)と。

 

 

でも、その日は、
2時間経過してもダメでした。

 

2、3日前から風邪気味と
いうこともあったのでしょうが、、、

 

(こりゃ~あかんなぁ~)と。

 

 

また、この日は、週に2度
整体を勉強に行く水曜日。

 

気分が乗らない自分を、
あやしながら道場(千駄ヶ谷)へと
向かいました。

 

駅を降りて、広い地下街を歩く。
足取りが重いのを感じる。

 

(こういう時に、
地下を歩くのは嫌ですね)

 

気持ちがふさぐばかり。(トホホ)

 

 

階段を上り、道場まで
あと2分ほどのところまで来ました。

そこは、高級マンションの入口でした。

 

そこへ、天使が向こうから
やってきたのです。おごそかにね。

 

「天使ですか?」

 

「私には、そう見えたんです」

 

 

年の頃は、3歳ぐらいか?

子どもがいない鈴木には
正直わからない。

 

その子を見た時に、

 

(髪型がキューピー人形みたいで
かわいいなぁ~)と、瞬間、思いました。

 

 

そこへ、いきなり
鈴木の顔を直視する、
強いやさしい眼光で

 

「こんにちは」

 

(この坊やが、、、こんにちは?)

 

完全に虚を突かれました。

 

しどろもどろにながらも
「こんにちは」と返す鈴木。

 

 

彼は、私の返答、驚愕するさまも
織り込み済みなのか、、、

 

さも、当たり前のように
去っていきました。悠然と。

 

 

 

追伸
その後、鈴木は、がぜん
「やる気」モードになりました。

 

キューピー人形の一言で
「何か」が変わったのでしょうね。

 

虚を突かれて
生命に喝が入ったのでしょう。

 

それにしても
恐るべし3才坊や、、、(苦笑)

 

でも、大人を、

からかっているだけかも

しれませんがね。。。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^