会話の「さしすせそ」は魔法のことば

この記事は2分で読めます

Pocket

今日のタイトル

 

『会話の「さしすせそ」は魔法のことば』は
最近のコミュニケーションにおいて
必須なアイテムらしい。

 

鈴木は、知らなかったけど、、、

 

「あなたは、知っていましたか?」

 

対人心理学者
文学博士 齊藤 勇さんによれば

 

<ビジネスの現場で、相手が
「仕事がデキる人」かどうか(中略)

質問1つで判断する方法があります。

 

しかし、重要なのは
質問の中身ではありません。

 

どんな質問でもいいので、
問いかけたときの相手の
「あいづち」を見ればよいのです。>

 

 

(まぁ~確かに、コミュニケーションが
上手な人や女性は、

あいづちがうまいものなぁ~)

 

その「あいづち」の打ち方が
会話の「さしすせそ」なのです。

 

 

「さ」→「流石ですね」

 

「し」→「知らなかった」

 

「す」→「素晴らしい」

 

「せ」→「センスありますね」

 

「そ」→「そうですね」

 

 

※強調フレーズには、

 

「じ」=「実に」
「ぜ」=「絶対」

 

確かに、この「あいづち」の
フレーズは強力ですね。

 

 

実際に、他人から自分に
言われたと仮定すると、、、

 

 

「さ」
 ↓

鈴木さんの着眼点は、流石ですね」

 

※能力をほめられたみたいで嬉しい

 

 

「し」
 ↓ 

「この箇所を、こういうふうに
いじると楽にできますよ、、、」

 

「知らなかったです。
ありがとうございます」

 

※相手の役に立った、と思い
自己受容感が増す。

 

自己受容感とは、簡単にいうと
自分のことを信用する力

 

 

 

「す」
 ↓

「鈴木さんがやることは実に、素晴らしい」

 

※全幅の信頼と、期待を感じます。

 

 

 

「せ」
 ↓

「鈴木さんの服と靴の組み合わせは
センスありますね」

 

※センス、という言葉にググッと来ます。

 

 

 

「そ」
 ↓

「鈴木さん、この場合は
●●なさった方がいいと思いますよ」

 

「そうですね」

 

※共感されたと思い安心しますね。

 

 

 

 

追伸
早速、今日お見えになった
患者さんに(ビジネスウーマン)

 

会話の「さしすせそ」って
聞いたことがありますか?

と、聞いたら「ありますよ」と。

 

すかさず、
「流石ですね」と答えたら

 

「いいあいづちですね」と。

 

「参りました」(苦笑)

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^