-井本整体横浜室-よしみ整体[鈴木好美]

神奈川県横浜市保土ヶ谷区西谷町766-4ルミエール1階

08.16 3日、咳が止まらない女性

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket

長くお見えになっている
女性の患者さん。


「先生、風邪を引いたらしく、、、
3日、咳が止まらないのです?」


と、鈴木のスマホの留守番に
入っていた。


※鈴木のところでは、
道場の固定電話から

自動的にスマホに転送される
NTTのアプリである
「ボイスワープ」を使っている。

だから、基本的に1年365日
24時間メッセージが届くようになっている。

早速、折り返し電話してみた。


声が、いつもと違って弱よわしい。


「では、今からこちらに来られますか?」と、、、

 

 

28分後、、、

お見えになった。


「●●さん、咳をすると
どこが痛いですか?」と、お聞きする。


すると、右のみぞおちから
胸骨にかけて「痛い」とおっしゃる。


あんまり痛いので、痛み止めの
湿布をその箇所に貼っておられた。


とりあえず、その湿布を剥がしてもらい

仰向けからお体を拝見する。


予想どおり、痛い箇所の
右の季肋骨が下がっていた。


(やはり、これか。。。)


これが下がったために

体が、何とかしてこの箇所を
上げようとして

一番効果的な「咳」を出したのだろう。

 

「鈴木さん、言っている意味が
わからないのですが、、、?」

「そうでしょうね。

そんなことを言うのは
井本整体ぐらいですからね。(苦笑)

 


基本的に、体は、生存し続けるために
巷では、病気と言われる反応を出すのです。


悪いものを食べれば「嘔吐」「下痢」をして
その悪いものを出そうとするのです。

 


今回の場合は、●●さんの体にとっては
「咳」をすることが体からすれば
一番効果的だったのでしょうね。

 

この感覚は、なかなか
理解されずらいです。(涙)

 


特に、霊長類最高の頭脳を
持つと思いこんでいる人間にはね。


※鈴木は、こと「生きる」に関しては
そこらにいる「ワン子」とか「にゃん子」の方が
よっぽど高い「知性」を持っていると思いますが。

 

●●さんの場合は、

この下がっている
右の季肋骨を上げました。


すると、「咳」は先ほどよりは
楽になったと本人もおっしゃました。


後は、なぜ?右の季肋骨が
下がったのかの、原因追求です。

 

 


追伸
●●さんの場合、日ごろから
右腕、右指を使うお仕事の関係がひとつ。


しかし、「咳」が真冬に出ないことから


1年中、右腕、右指を使う
お仕事をしているのに

なぜ、この時期に限って出るのか?

 


そんな話しをしたら、

この方は、とても勘がいい方なので
納得したようです。


つまり、この時期の暑さ、湿気が
「咳」が止まらない
ひとつの原因だったのです。


夜間の冷房はしていると
いうことなので、、、

仕事を終えてから、
右腕、右指を緩めて下さい。


と、指導しました。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメントはありません。

  • コメント

最新人気記事一覧

いつも応援ありがとうございます!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると
嬉しいです^^

カテゴリー選択
アーカイブ選択