潜在意識を鍛える読書術

この記事は2分で読めます

Pocket

鈴木の趣味は、
 
 
短期間ベースでは、
 
・映画鑑賞(映画館での鑑賞)
・読書(読者大賞、このミス)
 
・散歩というか散策、放浪
・プール
 
 
長期間ベースでは、
 
・旅行
 
 
なのだが、、、
 
 
今日は、
 
短期間ベースの趣味の
読書について書こうと思う。
 
 
以前から、書いているが
本は、ほとんどすべてを
図書館から調達している。
 
 
・保土ヶ谷図書館4冊
・浅間町図書館6冊
 
・西谷図書館2冊
・宮田町図書館2冊
 
 
など、めいいっぱい借りている。
 
※税金もしっかり払っているので
このぐらいは横浜市民としては
「いい」だろうと思う。
 
 
 
 
話しはかわって
 
読みたい本は、まだ、たくさんある。
 
 
・このミステリーがすごい
ランキング20位まで(外国版もある)
 
・読者大賞ノミネート本(外国版もある)
 
 
その資料はすべて
ファイル化して保存してある。
 
 
そして、図書館に行くたびに
その資料を持参して、本棚を物色している。
 
 
目ざす本が「そこ」にあると
まるで宝ものを見つけたぐらいにうれしい。
 
この感じは、本好きな人なら
わかってもらえると思う。。。
 
 
 
将来的には、この資料以外にも
 
 
鈴木が大好きな作家である
村上春樹さんが訳した本は全部読みたいし、、、
 
過去のノーベル文学賞を
受賞した作家の本もすべて読みたいし、、、
 
一度読んで「これは」と思う
作家の本も全部読みたいし、、、
 
ハリー・ポッターシリーズも全部読みたいし、、、
 
 
と、いう小さな野望を持っている。
 
 
これだけ「読む本」を
今のうちのリストアップしておけば
死ぬまでは十分足りうるだろう。
 
 
 
さっきも、道場の受付下に
積み重なっている本の数を
数えたら11冊あった。
 
 
これらは、
 
図書館の返却期限が迫っているものが、
一番上にくるように置いてある。
 
 
 
その題名を、ちらっと見たが、、、
 
 
そのどれもが
「今すぐにでも読みたい」本ばかり。
 
 
誘惑に負けて、下の方に置いてある
本から読もうとするが、、、
 
 
それでは、返却期限が遅れて
図書館に迷惑がかかるので、しない。
 
 
 
「鈴木さん、素朴な質問です。
なぜ、そんな無理してまで
本を読むんですか?」
 
 
(まぁ~おもしろいから)
 
と、普通には答えていますが、、、
 
 
ほんとのところは、違うのです。
 
 
「知りたいですか?」
 
「知りたいです」
 
 
 
それは、潜在意識の力を高めたいから。
 
 
ある本によれば、
 
潜在意識は、あなたが
お母さんのお腹に着床してから
 
「見たこと」「聞いたこと」
「嗅いだこと」「味わったこと」
「触った感触」
 
 
は、すべて「記憶」しているそうです。
 
 
 
つまり、今まで読んだ本については
理論上は、潜在意識はすべて
記憶していることになりますね。
 
 
まぁ~その力を信用しようじゃないか?
 
 
と、いうことです。
 
 
 
 
 
追伸
サトウハチローという詩人がいますね。
 
あまりにもたくさんの詩を
書かれるので、、、
 
ある人が、こう質問したそうです。
 
 
「サトウさん、、、
なんで、そんなにたくさん詩が書けるのですか?」
 
 
すると、、、
 
 
「たくさん詩を知っているからだ」と。
 
 
 
つまり、そういうことです。(^^♪
 
 
 
 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^