あの四川大地震も人為的な人工地震だった

この記事は2分で読めます

Pocket

ブログを書こうと「お気に入り」に
登録しているサイトをのぞく。

 

タイトルだけを横目で見ながら
「ぎょっと」なったタイトルのサイトを見る。

 

そして、ブログを書くのです。

 

さて、本日は、科学雑誌
『ナショナルジオグラフィック』

 

<人為的な地震は
150年間で728件発生、最新報告

四川大地震とネパール大地震も、
主な原因は資源採掘とダム>

 

と、ある。

 

(地震は予測のできない天災なんじゃないの)

 

夏目漱石の弟子の寺田寅彦も、
「天災は忘れたころにやってくる」と

 

有名な金言は、
のたまったのはウソかい。

 

ココでまとめてみると

 

●人間が原因で地震が起きる箇所

 

・過去に一度も地震活動がない所
・プレートの境界から遠く離れた場所

 

●自然災害による地震が起きる箇所

 

・地殻を構成するプレートが集まる場所に
多い断層沿いで発生する。

 

 

つまり、断層 がずれることにより
自然災害による地震が起こるのだ。

 

 

しかし、人為的地震の原因で
一番多いのは、資源の採掘。

 

地中から資源を取り出した後で
突然崩壊して地震が起きる。

 

次の理由が、ダムの建設によるもの。

ダムがらみになると被害の規模が
未曾有な悲惨なものになるそうだ。

 

これが、その例。『四川大地震』

 

2008年、中国四川省:マグニチュード7.9
およそ8万人の死者・行方不明者。

 

近くにある紫坪埔ダムに貯えられた
3億2000万トンの水の重量が引き金になった。

 

※紫坪埔ダムの下に断層線が通っている。
断層線がずれたため地震発生

 

 

他の理由は

 

・石油・天然ガス採掘のための水圧破砕法

・北朝鮮が行っている核実験

・地中への廃水の注入

 

おもしろいものでは

東海岸で行われたアメフトの
スタジアムでのファンの踏んだ地団太が

 

西海岸に揺れとして
人為的な地震を
引き起こしたこともあるそうだ。

 

 

 

追伸
こんな話しは聞いたことがなかった。

 

世界の大手マスコミが
いかに国家体制にべったりで
「真実」を知らせないことに驚く。

 

マスコミが第四の権力だ
というのは正しい。

 

目の前の現実は、

きっと、事実ではないのでしょう。

 

 

参照:2017.10.05
ナショナルジオグラフィック

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^