胸椎8番の骨の重要性(福岡セミナーにて)

この記事は2分で読めます

Pocket

先日、井本整体恒例
秋の福岡セミナーが終了した。

 

いつものごとく一般の方の
参加者が多かった。

全参加者の半分ぐらいを占めていた。

 

また、おひとりで参加される方よりも
家族、夫婦、姉妹、母子、友人など

連れだっての参加が多く見られた。

 

それだけ、「健康」に対する認識度が
上がっているのだろうと思った。

 

中には、毎年、見かけるお顔も
ちらちらある。

井本整体のファンなのだろう、と
勝手に推測する。

 

さて、セミナーの内容も
盛りだくさんだった。

6つの体操を行った。

 

井本整体の道場生同士であれば
わりと苦労せずに指導できる
人体力学体操も

 

一般の方、相手になると
難易度は一気に上がる。

 

なぜかといえば、

『一般の方の体の感受性が敏感ではない』

から、なのです。

 

つまり、「体が鈍い」のですが

 

この言葉の響きは
かなりネガティブな感じの要素が濃い。

 

鈴木には、なぜか
「頭の中まで鈍いですよ」
言われているようで気にいらない。

 

だから、患者さんとの面談でも
「鈍い」という言葉は使わないように
気を付けているのです。

 

その替わりに使っているフレーズは

 

「感じにくくなっていますね」
「お休みしている感じですね」
「ここが感じるようになるといいんですが」

 

とか、、、ですね。(苦笑)

 

人体力学体操を指導する前の段階
初対面、つまり、信頼関係が
構築されていない段階では

 

相手に無意識にでも「嫌われる」と
後でいくらフォローしても
取り返しがつかないのです。

 

そのため、言葉の使い方には
配慮に配慮を重ねます。

 

しかし、今回の参加者は
井本整体への信頼の素地が
すでにできている感じがします。

 

とにかく、(やりやすい)のです。

 

それだけ井本整体が認知されきた
証拠なのだと思います。

 

だから、リピーターが多いのでしょうね。

 

 

 

追伸
今回のセミナーでは

「胸椎8番」の重要性
新ためて井本先生から説明されました。

 

※胸椎8番の位置
肩甲骨の下のラインを結んだ線上より
1つ下にある骨。

 

膵臓、脾臓、肋膜、リンパ、血圧と関係が深い。

 

高血圧の人は、この骨が
硬く飛び出している。

 

健康診断でその場で血圧を下げたい時は

この骨を壁にぶつけて刺激すると

一過的に下がる。

 

と、いうなかなかおもしろい骨だが、、、

その働きだけではないようだ。

 

深い深い真理が隠されているようだ。

 

今日、お見えになった患者さんの
お体の胸椎8番とあるところを確認してみると、

 

「確かに連動していた。

真理をかいま見た感じがして興奮した」!(^^)!

 

「これひとつ」を知っただけでも
福岡セミナーに参加した意味があった。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^