食べすぎの判断

この記事は2分で読めます

Pocket

正座の形から背中を

つけるように寝てもらう。

 

その際、膝が地面から浮けば
「食べすぎ」なのだが、、、

 

老人や激しい運動などで
腰が極端に強張った方も、
地面から膝が浮く。

これも厳密にいうと
「食べすぎ」なのだが

 

彼らの場合は、ここ1、2年の問題ではなく
過去10~30年間にわたるものと考えていい。

 

あなた「鈴木さん、そしたら

ほとんどの人が食べすぎなのではないですか?」

 

鈴木「その通り。現在、日本に住んでいる
9割近くの人が食べすぎなのです」

 

実際に、鈴木は整体を

勉強し始めたころ

 

仕事として家庭婦人の方に
バドミントンを教えていた時期がある。

(当時33歳)

ある時、整体の授業で
このことを習っていたので、、、

やってみようと、、、思い立った。

そして、準備運動と称して
つまりこの体操の意味を説明せずに

27人の家庭婦人の生徒(25歳~56歳)に
正座から寝てもらったら、、、

膝が地面から浮かなかったのは
たった3人だった。

 

他のほとんどの生徒は、

「ぎっくり腰になるわぁ~」とか
「絶対、私には無理」とか

 

言って、その後、

この体操の実施をやらなかった。

ん~ん。

たった3人ですよ、、、

この体操ができたのは。

これには正直驚いた。

 

 

しかし、その後、驚愕する事実を
目の当たりにした。

 

それは、このクラブでは
地域の試合が終わるとランチ会を行う。

場所は近くのファミマ。

 

鈴木も総括をして欲しいからと言われ
当然のようにおよばれされる。

そして、その会で、、、

(こいつらは食っているな)と。

 

※すいません。下品な言葉になって。
まだ33歳ですからね。

そのファミマは食べ放題のお店。

会が始まるやいなや
おかわりの連打打ちだ。

それを見ていたら食欲が無くなった。
まだ、うぶだったなぁ~。

そして、その反省会とやらが
3時間も続くのだ。

そりゃぁ~食べすぎだよ。

 

 

 

追伸
あれから、人は皆、食べすぎなのは
当たり前と思うようになった。

その考えは今でも変わっていない。

 

 

 
 
 
 
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^