タグ:赤ちゃん、調子、後頭部、操法

  1. 患者さんの身内ということで たまに赤ちゃんを診ることがある。 赤ちゃんは、しゃべれないので 大人が大人を相手に するような「遠慮」は一切ない  「うまくいくか、ダメか」 の2つ…

RETURN TOP

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^