手で感じたものの方が情報量的には圧倒的に多い

この記事は2分で読めます

Pocket

俳句を作っていた時期がある。

 

今から、30年ほど前。

母親の兄貴が俳句の同人誌を
出していた関係で

 

彼の甥っ子である鈴木にも
「書け」と事あるごとに
母親を通して要請があった。

 

あんまり、しつこく言うので

10句ぐらい作って、というか
機械的にひねり出して
おじさんに提出した。

 

すると、おじさんから4日後に
ぶ厚い手紙が届いた。

 

何事かと思い、その封筒を見ると

頼んでもいないのに

 

この句は、後半がいいとか
この感覚は素晴らしい、とか

○×△で評価されていた。


末尾に、

「それで、次回も頼む」と、、、


仕方なく翌月も俳句を作りだす。

景色を見てその様を
表現するのではなく
機械的にひねり出す。


やり方は、

歳時記からその時期の季語を
いくつか選び出す。

 

その言葉を、5.7.5のいずれかに
強引に埋め込む。

 

そして、そこへ

絶対に思いつかない
言葉を入れ込む。

 

すると、

おじさんが頭をうんうんと
絞っても出てこない発想の俳句ができる。

※おじさんのセンスがないのではない。
俳句を知りすぎているがために
斬新な発想が出なくなっているだけ。


例えを出すと


えんぴつを 転がし答える 夏の午後


これを作った時は、夏だったので
季語を夏の午後にした。

 

それから、夏の午後を
イメージしたら

高校時代のあのけだるい感じが出てきた。

 

そこからは、芋づる式に
イメージがわいてこの句ができた次第。

 

 

【スポンサードリンク】

 


と、ここまで書きながら

(あれっ、整体操法もそうだなぁ~)と。


整体操法の基本的なところは外さす
あとはイメージがわいてくるのに
手を任せている感じに近い。


あなた「鈴木さん、論理的ではないですよ?」

鈴木「でもね、論理的に頭で考えたものが
正しいとは限らないですよ。

 

これがその証拠」



人間の脳は毎秒1000万ビット以上の
情報を処理できるのです。

 

ただし、これは、意識下の領域、
潜在意識の領域に属することです。

意識して論理的に処理できる情報量は
毎秒40ビットしかないのです。


これが最新の脳に関する研究。

いつの時も、「あれって」思う
原初の感覚の方が正しいのです。


「???」と思う人は
こういう考えもあるんだな、と
思ってくれるだけでいいです。

 

 

 

 
【スポンサードリンク】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^