骨折の後の筋肉のこわばりも改善する

この記事は2分で読めます

Pocket

患者さんは、70代の女性。

鈴木のところには
近所の友人の紹介でお見えになった。

 

「右の腰が痛い」と言って来たのだが、、、

 

初めて診た時に気になることがあった。

と、いうのも寒くないのに
右手首にサポーターを巻いていたからだ。
※初診は3月

 

鈴木「あれっ、そのサポーター
どうされたんですか?」

 

患者さん「あっ、これですか。
以前、手首を骨折して手術して繋いだのですが、、、

うまく付かなかったのか
それからず~っと痛いんです」

 

鈴木「どんな時、痛いんですか?」

 

患者さん「風が当たると痛いんです」

 

鈴木「それは難儀ですね」

 

患者さん「そうですね」

 

 

すぐに手首を診せてもらった。

折れた右手首は、正常の左手首と比べると
太く、硬く、盛り上がっていた。

 

 

話しによると、
うまくくっ付かなかったので
ビスを3~4本入れて固定したらしい。

 

どうも、そのビスを除けてから
調子が悪いとか言っていた。

 

(うまく繋がっていないみたいだなぁ~)

 

でも、鈴木は、医者ではないので
ドクターの悪口は言えない。

 

 

【スポンサードリンク】

 

 

鈴木「ここ、ちょっと緩めておきますね」

 

と、言いながら

折れた箇所の上の筋肉と
その箇所を緩めた。

 

始め「痛い、痛い」としきりに
言っておられたが

 

じきに「気持ちがいい」と、、、

 

それからも来院のたびに
3度やっておいた。

 

4度めに来た時には
そのサポーターが無くなっていた。

 

(痛くなったんだなぁ~)と。

 

聞いてみた。

 

鈴木「手首その後どうですか?
サポート―も付けていないようですね」

 

患者さん「おかげさまでクーラーに当たっても
痛くなくなりました」

 

 

 

追伸
昔、捻じったねんざの後や
今回のような骨折後に強ばったままの筋肉でも

 

「時間が経っていて無理かな」と思っても
実際にやってみると


その箇所は緩み、痛みが軽減するようだ。

 

このへんが「生命あるもの」
機械と違うところなのだと改めて思った。

 

 

 


【スポンサードリンク】
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  • コメント (0)

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

スポンサーリンク

いつも応援ありがとうございます!!

いま何位?!

人気ブログランキングへ
1日1回 ポチッと応援いただけると嬉しいです^^